« 中川淳一郎著『ウェブはバカと暇人のもの―現場からのネット敗北宣言』(光文社新書) | Main | 今月2回目の伊香保カントリークラブ »

古窯(東京・銀座、日本料理)

 『日経おとなのOFF』2009年11月号「東京で見つけた幻の味 郷土鍋の絶品」でこれまで行った店が1位のみぢゃげど(青森の郷土料理)、3位の鹿角(秋田の郷土料理)。東北の郷土料理に感動し、今日は5位の古窯(東京都中央区銀座7-6-11 ミクニビル2F、03・5537・5400)に来た。山形を代表するいも煮が食べられるという。
Koyo091127_001

大きな地図で見る


 メニューが変わったのか、雑誌で紹介していた「芋煮鍋」単品のメニューはなく、いも煮の入った古窯膳(7000円)を頼んだ。
Koyo091127_002
 前菜 彩々。左が畑のキャビアと言われるホウキグサの実、トンブリ。真ん中がモッテギク。は「もってのほか」とも言われる菊。その由来は「もってのほかうまい」「天皇の御紋であるキクの花を食べるなんてもってのほか」など諸説があるという。
Koyo091127_003
 お造り。
Koyo091127_004
 茶碗蒸し。
Koyo091127_005
 米沢牛を使った古窯特製和風ビーフシチュー。豆腐やこんにゃくも入っている。温まる。
Koyo091127_006
 焼き魚。ギンガレイの西京焼き。
Koyo091127_007
 山形名物 いも煮。味は濃く、東北の味という感じ。
Koyo091127_008
 お食事。
Koyo091127_009
 デザート。だだちゃ豆アイスクリーム。

 飲み物はビール小瓶(アサヒ、キリン、サッポロ、サントリー)、古窯うめ酒、古窯オリジナル純米酒、赤ワイン、白ワイン(グラス)など、いろいろ用意している。
 上山温泉(かみのやま温泉)古窯の経営。料理も温泉宿で食べるような宿だった。
 温泉につかりたくなった。
 群馬県の温泉旅館もこうした店を出せばいいのに、とぐんま観光特使として思った。
 
 営業時間は月~金が11:30~13:30(LO)、17:30~22:00(LO21:30)
 土曜日が11:30~13:30(LO)、17:00~21:00(LO20:30)。
 日曜日・祝日定休。

|

« 中川淳一郎著『ウェブはバカと暇人のもの―現場からのネット敗北宣言』(光文社新書) | Main | 今月2回目の伊香保カントリークラブ »

Comments

東北の料理って、東京に来ると、ちょっとこじゃれちゃうんだよなあ。山形蔵王の温泉に泊まったとき、夜は芋煮コースというのにしたんだけど、なかなかうまかった。

Posted by: さいのめ | 2009.11.30 04:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 古窯(東京・銀座、日本料理):

« 中川淳一郎著『ウェブはバカと暇人のもの―現場からのネット敗北宣言』(光文社新書) | Main | 今月2回目の伊香保カントリークラブ »