« 国会前庭とレストラン 霞ガーデン(東京・永田町、喫茶・レストラン) | Main | 皇居一周・城門巡り その1 桜田門~桔梗門 »

謹賀新年

 今年も、群馬県で開催される「ニューイヤー駅伝」を見ながらブログを書いている(ソフトバンクの駅伝連動CMが面白かった)。
 
 2010年。21世紀の最初の10年の最後の年なのだが、1月1日付の日経によると、2010年は「2010年代」の始まりとのこと。始まり、の方がなんか元気が出るので、そういうことにしておこう。
 日経1面の特集は「日本復活の10年」。
 「平均寿命が伸びる日本。2つの見方ができる。世界がうらやむ長生き社会か、社会保障負担にあえぐ高齢化社会か。…答えは明らか--。長生きはいいことだ」「高齢化は社会にのしかかるコストとみられがちだ。しかし長寿型経済のモデルをいち早く確立できれば、それは世界が欲しがるノウハウになる。世界最速で少子と高齢化が進む日本は、実は先駆者として最も優位な位置にいる」「老いたとは思わず、若さを伸ばす。働き方や生き方を変え、自ら稼いで消費する個人を増やす」

 この考え方に賛成。高齢化社会というと負の側面ばかりが取り上げられるが、高齢者が大切になる時代、悪くはないと思う。

 今年の年賀状。
 例によって30日に書き、31日に出した。
Nenga2010
 トラトラトラ。
 寅とは何ら関係ないが、寅年なので、トラトラトラにした。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると―。
 トラトラトラは、太平洋戦争の始まりである日本軍の真珠湾攻撃成功を伝えた電信。意味はワレ奇襲ニ成功セリ。ハワイ攻撃隊長・淵田美津雄中佐機が発した。
 符号「トラ」については、「突撃、雷撃隊」の頭文字から採用した、「虎は千里を往き千里を帰る」という言葉にちなんだなど様々な風説があるが、自身が海軍の通信士官であった作家の阿川弘之は著書『軍艦長門の生涯』の中で「実際には攻撃開始時に送信された符号「ト」(「全軍突撃せよ」)に、受発信ともに容易で誤りの発生しにくい符号「ラ」(短点3つ[…])を付加したものであろう」と推定している。また一説には、「奇襲成功」「奇襲失敗」「攻撃中止」などを表すために、符号「ト」に「ムラサキ」という言葉の一音ずつを付加した「トム」「トラ」「トサ」「トキ」という4種類の符号が用意されていたともいう。

 常識に囚われず=刻んだりせず
 核心を捉えて=ダフったりせず
 新しいことにトライしたい=90切りにトライしたい

 といった感じで、どのようにも解釈できるあいさつにした。
 「謹賀新年」・・・などの言葉はシンプルにするため省いてしまった。

 今年はアタマもカラダも昨年の倍、使いたい。
 インターネットのおかげで、「事前情報」の入手が容易になった。事前に情報を調べ、飲み食いも、もっと体系的にしたい。その街や食べもの自体が理解できるような店を厳選する。
 江戸という町は実に効率的に作られていたらしい。その一端を知るために江戸の研究もしたい。東京のルーツをまず調べる。そして、日本を知り、世界を知るステップにつなげたい(海外は数年行っていない。寂しい・・・)。
 メディア論に関しての古今東西の本も読んでみたい。
 山も、日本アルプスに行けるだけの体力を作りたい。何もしないと体力は衰えるばかりだ。
 ゴルフはそろそろアタマを使ったゴルフをしたい。
 麻雀は、また勉強し、「哲也」で新宿の常連にならなければ。

 最近感じるのは、固定観念に縛られずに、どんどん周辺に拡散していくと、かえって核心が見えてくるということだ(ブログ名を「どんどん周辺~とうとう核心」に変えようか)。一見ばらばらのぐんぐんぐんま~とうとう東京も、真実に向かってさらに拡散しながら集約していく(なんちゃって)。 

|

« 国会前庭とレストラン 霞ガーデン(東京・永田町、喫茶・レストラン) | Main | 皇居一周・城門巡り その1 桜田門~桔梗門 »

Comments

新年おめでとうございます。まずは信じているものを疑え、なんだと思います。どんどん周辺~とうとう核心に一票。日本に行くんで、一杯やりましょう。

Posted by: さいのめ | 2010.01.01 12:59 PM

あけましておめでとうございます
ご無沙汰しており、申し訳ありません
(記事は拝見させて頂いておるのですが・・・)

江戸の研究、面白そうですね。
ブログで色々教えて下さいませ(^^)

今年もよろしくお願いいたします

Posted by: こにタン | 2010.01.02 10:12 AM

ようやく片付け、大掃除が2日に終わりました(汗)。一年に一度しか片付けないので大変です(笑)。
>さいのめさん
一杯やりましょう。どんなところに行きたいのか、メールください。
>こにタンさん
一年ぶりですね(笑)。群馬の話がどうしても少なくなりましたが、東京についても中途半端。群馬にいたときのように、しっかり暮らしているところを研究しようと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: フーテンの中 | 2010.01.02 07:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 謹賀新年:

« 国会前庭とレストラン 霞ガーデン(東京・永田町、喫茶・レストラン) | Main | 皇居一周・城門巡り その1 桜田門~桔梗門 »