« 割烹 日本橋 とよだ(東京・日本橋室町、日本料理) | Main | そば処 銀座 いけたに(東京・銀座、そば) »

ついに“ネオ・モバイラー”に――ノートPCとWiMAXのルーターを購入

 『日経MJ』の2010年1月29日号の1面で「ネオ・モバイラー狙え、外出先でネット二刀流、ノートPC、スマートフォン」という特集をしていた。
 冒頭の部分を引用しよう。
 ノートパソコン、スマートフォンなど複数の端末を持ち、家でも外出先でもインターネットを楽しむ「ネオ・モバイラー」が登場してきた。最先端派は小型の無線LANルーターを持ち歩き、1つの高速回線で複数の端末をつなぐ。利用者調査によると、ネット接続はパソコンだけという人に比べて、巣ごもり度は低く、外食や買い物意欲も旺盛だ。今後、無線でのネット接続環境が整備されるにつれ、ネオ・モバイラーが増えるのは必至。

 1月27日には米Appleがタブレット型の端末「iPad」を発表。モバイル機器への関心が高まる中での記事だったので、影響されてしまった。「iPad」も楽しそうだが、平日、外にいるのはほとんど仕事の合間なので、仕事でも使えるノートPCをまず買ってみることにした。

 ネオ・モバイラーの記事で参考になったのは以下の部分。
 ネオ・モバイラーの台頭に一役買っているのが、複数のネット対応機器を1つの高速回線で使えるようにするモバイル用ルーターだ。通信会社のサービスエリア内であればどこでも無線LANが利用できる。スマートフォンの電話回線を使ったネット接続よりも高速なのが特徴だ。
 売れ筋はイー・モバイルが昨年11月に発売した「ポケットWiFi」。・・・高速無線通信サービス「WiMAX」向けの「Aterm WM3300R」も「滑り出しは上々」(発売元のNECアクセステクニカ)。IT専門の調査会社、MCAによると、2009 年度のモバイル用ルーターの市場規模は前年度の3 倍の30万台で、10年度は50万台と予想する。 

 実はスマートフォンは持っていないが、iPadなどを購入する可能性も考えると、買っておいて無駄ではないのは、モバイル用ルーターだと思った。

 さっそくわが群馬県が誇る家電量販店・ヤマダ電機の「LABI1日本総本店池袋」 に行った。
Yamadadenki_nihonsohonten100202_01
 
 久しぶりに小型のノートPCの売り場に行ってみると、同じノートPCでも種類がいろいろあって、チンプンカンプン。
 余り安いものを買うと、例えば画像処理などがうまくいかなかったりするので、なるべく高性能、キーボードも打ちやすいものということで、商品を探した。
 初めから調べておけばよかったのだが、ノートPCの種類については、なるほどネ!! naruhodo.netが詳しい。
 それによると、ノートPCは以下のような種類があるという。
 大画面ノートPC
 17~19インチの大きなモニタを搭載したノートパソコン。重量は3.5~4kg以上になります。

 A4サイズノートPC
 一般的なサイズのノートパソコン。単純に「ノートPC」と呼ばれるのはこのサイズです。
 13~16インチ程度の液晶モニタを持ち、重量は2kg~3.5kg程度。

 今、家で使っているdynabookTX/66JBLは16型ワイド、約2.8kgなので、このタイプのようだ。
 
 モバイルPC
 軽量で小型なノートパソコン。「B5(ファイルサイズ)ノートPC」と呼ばれることもあります。
 10~12インチ程度の液晶モニタを持ち、重量は1.5kg未満が一般的です。
 
 今回買ったのが11.6型ワイドで、約1.58kg。このタイプなのだろう。

 ネットブック(ミニノートパソコン)
 モバイルPCより小さく、インターネットの閲覧とメールの送受信を主目的として、通常のモバイルPCより低速なCPU(中央演算処理装置)を搭載し、バッテリー駆動時間が長く、また低価格なのが特徴です。
 7~10インチの液晶モニタを持ち、重量は1.5kg未満が一般的です。

 UMPC(ウルトラモバイルPC)
 「ネットブック」は小さいだけではなく「低価格」も特徴となっていて、2007年に発売された「ASUS Eee PC」が始めとされていますが、それ以前からある小型PCの規格に「UMPC」があります。
 ネットブックとの境界は曖昧になっていますが、ネットブックより小さいPCや、少しコンセプトの異なるモバイルPCを「UMPC」と呼ぶ傾向にあるようです。

 タブレットPC
 概ねモバイルPCと同じ大きさで、液晶画面に「タッチパネル」を搭載し、OSに「Windows XP Tablet PC Edition」を採用したノートPCを「タブレットPC」と呼びます。

 外出先でもブログが書けるというのは重要なポイントだったので、画像処理ソフトも搭載できないようなノートPCでは困る。ワード、エクセル、パワーポイントも当然、使えるPCを選んだ。
 というわけで、買ったのは東芝のdynabookMX/34KBL。
Yamadadenki_nihonsohonten100202_02
 そして、「Aterm WM3300R」を買った。
 モバイルWiMAXは試験サービスの時はいまひとつだったが、当初計画よりも急ピッチでサービスエリアを広げているらしい。都内であれば、地下や建物の奥に入らなければ使えるというので加入した。使わない月は月額380円で済む2段階定額プランを導入したので、加入しやすくなった。
 さあ、モバイルライフが始まる!

追記2010.2.13)モバイルWiMAXルーター「Aterm WM3300R」を買ってよかった。WiMAXは都内の場合外だと必ず電波が届くのだが、例えば店の奥に入ると電波が届かないことがある。その時にこのルーターを店の入り口や窓際に置かせてもらうと、外のWiMAXの電波を拾って、無線LANで店内奥でも使える。この機器は必須だ(PC内蔵のWiMAXだと、使えないところが多いと思う)。暗号化キーさえ教えてあげれば、一緒にいる友人も無線LANが使える(PC30台くらいまでは十分使えるらしい)。
 家のPCとモバイルPCのファイルを同期させるため、クラウド型のデータ保存サービス「Dropbox」も使い始めた。クラウド時代になって、ノートPCを使う環境が整ってきた。

|

« 割烹 日本橋 とよだ(東京・日本橋室町、日本料理) | Main | そば処 銀座 いけたに(東京・銀座、そば) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ついに“ネオ・モバイラー”に――ノートPCとWiMAXのルーターを購入:

« 割烹 日本橋 とよだ(東京・日本橋室町、日本料理) | Main | そば処 銀座 いけたに(東京・銀座、そば) »