« 源氏山ゴルフクラブ(千葉県市原市)でコンペ | Main | 花見その1 市ヶ谷・外濠公園の夜桜 »

過去のレッスン・教訓まとめ

Renshu100328
 ファーストゴルフで4カゴ打った。
 前傾になり過ぎず、しっかり腰を捻転。打った後も頭を動かさずに打てば、しっかりボールを捉えられ、フォームもスムーズになる。そして、間。腰を捻転。いっぱいいっぱいになったところで一瞬の間があり、そこから腰を軸に始動すれば、きれいに打てる。この間は相撲の立ち合いにも似ている。時間と空間、精神と肉体、静と動。これらが溶け合って一つの流れになった時に力と方向を生む。
 
 しかし、ゴルフの基本的な技術は、過去何度も教わってきた。それなのに身につかず、別の方向に行っては、また戻る。堂々巡りだ。

 過去のレッスンや教訓を思い出してみよう。
2004.07.17 白水ゴルフ倶楽部・90切り学院 レッスンでは下半身は固定したうえで、左肩が右膝の上あたりまでくるくらい捻転をするように教えられた。
2004.08.01 100切り学院(白水ゴルフ倶楽部) 右後ろに捻転しているつもりが、右に体が動いて、球をうまく捕らえられない、と注意を受けた。
2004.10.03 100切り学院 右足が右に動かないよう、足の両親指に力を入れる感じで立つ。
2004.10.16 90切り学院 ドライバーがスライスするのは、球を打つとすぐに行方を追ってしまうから。ヘッドアップになり、球が右に流れる。しっかりクラブを振り切るまで球のあった位置を見ていれば直る。
2004.11.16 サミットゴルフクラブ(前橋市、ゴルフ練習場) 両足でしっかり大地を踏みしめ、尻を右に回す――。
2006.08.27 習志野カントリースルーに備え、ファーストゴルフでレッスン アイアンが左に行くのはグリップが悪いらしい。右手をもう少し上からかぶせるような位置に直せと言われた。
2006.12.29 ラウンドレッスン(日高カントリー倶楽部) 基本は振り子。無駄な力を入れず、ヘッドの重さで打つ。
2008.02.17 ゴルフレッスン 右手は親指がグリップの中央にくるくらいの感じで握らなければならないのに親指が右側にあった。このため、フォロースルーのときにかぶせるような感じになり、球を押さえつけるので、低い球が左に行く。
2008.04.25 まじめにレッスン 上に上げようとすると上がらず、下に打ち下ろすと上がる。
2009.08.01 ファーストゴルフ・2時間打ち放題~S師匠の教えを身につける 伊香保で師匠のSさんに教えてもらったのは、①インサイド→アウトサイド→インサイドと打てばきれいなフックが打てる。ボールの横でなく、斜め手前から打つ②ボールを過ぎた先をクラブで掘るような感じで打つとジャストミートできる③クラブは上げたら下ろす。余計なことは考えない――の3点。
2009.10.03 浮間朝練&ファーストゴルフ~ベン・ホーガンの言葉でアイアンは好調 ベン・ホーガンの言葉。「クラブがインパクトゾーンにあるあいだ、顔の左側面が動かなければ選手になれる」
2009.10.24ファーストゴルフで広瀬プロのレッスンを受ける 肩が上下する動きを直し、上半身を捻転させることを教えてもらった。その際、体重が中心より右足寄りに移るのは構わない。

|

« 源氏山ゴルフクラブ(千葉県市原市)でコンペ | Main | 花見その1 市ヶ谷・外濠公園の夜桜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 過去のレッスン・教訓まとめ:

« 源氏山ゴルフクラブ(千葉県市原市)でコンペ | Main | 花見その1 市ヶ谷・外濠公園の夜桜 »