« 日経電子版創刊~朝4時に起きて、さっそくチェック | Main | 過去のレッスン・教訓まとめ »

源氏山ゴルフクラブ(千葉県市原市)でコンペ

 昨年10月4日以来の入社時の職場のOB会コンペが源氏山ゴルフクラブであった。源氏山ゴルフクラブ(千葉県市原市大桶字白畑956-1、0436・36・1525)はアウト2965ヤード(パー445344345)、イン2966ヤード(パー445435434)。
 インスタートで成績は+1+1+2+1+3+4+3+1+4=+20で56。パット数は222213224。
 アウトは+1+3+1+1+1+3+2+3+6=+21で57。
 参加20人中18位。
 会社の先輩KZさんが44、44で優勝!おめでとうございます!
 緒戦の114、今回の113と成績はぱっとしないが、それも明日への糧。大いに反省しよう。
Genjiyamagolfclub100327_01
 インの教訓(疑問)。
 14番ショート(+3)、15番ロング(+4)のティーショットはともに、ざっくり穴掘りでほとんど距離が出ず。
 ゴルフをしていて、突然窮屈になることがある。窮屈なまま打つとたいてい失敗する。
 ショートホールのティーショット、2打目、3打目のアイアンショットで窮屈になることが多い。
 練習の時にそんな感覚にはならないので、これは謎だ。練習の時にもあえて窮屈になるように構えてみよう。

 18番パー4はティーショットは久しぶりにドローボールをきちんと打て、260ヤード飛んだ。ところが終わってみれば4パットで+4。9番ロングもティーショットは250ヤード以上飛んだが、終わってみれば+6。この2ホールで+10は余りにもったいない。
今日は必死にボギーで凌いだホールが8ホール。これで+8だ。2ホールで我慢が一挙に水の泡。なぜだろう。会心のティーショットを打った時に限って。
Genjiyamagolfclub100327_02
 アウトの教訓(疑問)
 レベルアップした点もある。フェードボールが打てるようになったこと。右に打ってはいけない。左を狙うが、あまり左に行き過ぎてもいけない。そんな時に左にフェードボールを打つ。ヘッドを開き気味にしてアイアンを持つことによって、極端にアイアンが左に飛ぶこともなくなった。今日はあまりに右に飛ばし過ぎたが。ただ、この場合はこれまでよりも距離が出なくなった。今日はほとんどがショートだった。アイアンの距離。打ち方による違いを練習で把握しなければ。

 6番ミドルはティーショットが右のバンカーに。バンカーの淵が迫っていて、ロングアイアンでは打てない場所。砂を取る打ち方か、直接ボールを打つ打ち方か迷って、どっちつかずで打って、出ず。次は9番アイアンで打って失敗、出ず。結局素直にSWで砂を取る打ち方で脱出した。
 バンカーは林と同じだ。「まず、出そう」。「なるべく入れないようにしよう」。

 今日はアプローチはほとんど64度LWで行った。しかし、ヘッドの重さだけでボールを打つような打ち方が距離がコントロールしやすいのではないか。特にグリーン周りのバンカー越えのショットは、手加減をすると失敗する。きちんと打てずにバンカーに入れてしまったり、打ち過ぎて、グリーンオーバーしてしまったり。ゴルフは一つのクラブをずっと使うスポーツではない。もう少しクラブの使い方を考えよう。

 先週のゴルフの後、風邪をひいて、昨日までとても具合が悪かった。ほぼ治ったようなので、明日はゴルフ練習にいこう。

|

« 日経電子版創刊~朝4時に起きて、さっそくチェック | Main | 過去のレッスン・教訓まとめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 源氏山ゴルフクラブ(千葉県市原市)でコンペ:

« 日経電子版創刊~朝4時に起きて、さっそくチェック | Main | 過去のレッスン・教訓まとめ »