« 成田空港~教訓・お土産はほどほどにしよう。 | Main | 石川達夫著『黄金のプラハ~幻想と現実の錬金術』(平凡社選書) »

成田~プラハ、空からのシベリアが絶景

From_narita_to_praha001
 東京(成田国際空港)発ウィーン(シュベヒャート)行きのAUSTRIAN AIRLINES(オーストリア航空)OS052便に乗る。出発は10:55。到着予定は15:55。機体はボーイング777。縁起のいい名前だ。

From_narita_to_praha002
 久しぶりの成田空港。離陸を待つ飛行機の列。

From_narita_to_praha003
 座ったのは後ろのほうの席37A。2席で、通路側の人は韓国人男性で、11時間20分、会話はなかった。
 高度が1万mくらいになってから機内サービス。まずはスナック菓子と飲み物。

From_narita_to_praha004
 スナック菓子を食べる間もなく食事になった。チキンorテリヤキと聞かれた。何のテリヤキか分からないが、テリヤキにした。サーモンのテリヤキだった。そば(細いうどん?)もついていて、おいしかった。飲み物は緑茶、紅茶はおいしかったが、コーヒーはイマイチ。インスタントではないか?

From_narita_to_praha012
 モニターでは映画なども見られるのだが、現在いる位置を示すカーナビのような画面が面白く、ずっとそれにしていた(写真はヨーロッパに近づいてからのもの)。

From_narita_to_praha005
 やはり、窓際がいい。
 スタノヴォイ山脈上空。

大きな地図で見る

From_narita_to_praha006
 アルダン高原上空

大きな地図で見る

From_narita_to_praha007
 パトム高原(地図のA地点)と北極海のちょうど中間をノリリスク方面に向かって飛行。

大きな地図で見る

From_narita_to_praha008
 ノリリスク手前。峡谷が見える。


大きな地図で見る

From_narita_to_praha009
 エカテリンブルク(地図のA地点)、西シベリア低地の北側を飛行。先ほどのダイナミックな光景とは打って変わって、白一面の光景。

大きな地図で見る

From_narita_to_praha010
 サンクトペテルブルク(地図A地点)方面に向かう途中の光景。キリンの肌のような景色。


大きな地図で見る

From_narita_to_praha011
 流氷。

 シベリアは白と灰色の世界だったが、予想外にいろいろな姿を見せてくれた。

From_narita_to_praha014
 ウィーン到着まで1時間半となったころ(14時15分ごろ)、軽い食事。

From_narita_to_praha013
 本(石川達夫著『黄金のプラハ~幻想と現実の錬金術』)を読んでいたので、オレンジジュースやお茶を飲んでいたが、本は読み終え、ホワイトワインを頼んだ。
 プラハにさらに興味が湧き、ワインによる酔いも手伝って、ようやく、プラハの旅に出た喜びがこみ上げてきた。

 ウィーンに到着したが、乗り継ぎの時間はそんなにない。乗り継ぎのゲートに向かった。パスポートチェックは簡単に済み、手荷物検査へ。ベルトも外せと言われ、帽子もチェックされた。
 乗り継ぎの便はウィーン(シュベヒャート)発プラハ(RUZYNE)行きオーストリア航空OS709便。17:00発17:50着予定。30分前に着いたが、まだ搭乗できなかったので、ユーロを持って、バーに。
From_narita_to_praha015
 オーストリアのビール、オッタクリンガー(Ottakringer)の小(2.90ユーロ)を飲んだ。
 大急ぎで乗り継ぎの手続きをしたので、この一息のビールはうまかった。
 成田でも飲んだし、だんだんビール一色になってきた。

From_narita_to_praha016
 この飛行機に乗ってプラハへ。機内ではレモンティーを飲んだ。
 プラハのルズィニェ空港に着き、無事、預けたスーツケースを引き取って出口へ。荷物の預かり票はまったく不要。なんの手続きもなく出口を通った。こんなに簡単に出られるの?

 空港にはM君の長男、O君が迎えにきてくれていた。
 2006年1月にM君と群馬県に遊びにきたH君。すっかり大人になっていたので、すぐには分からなかった。こちらではビールが飲める年齢になっていた!


From_narita_to_praha017
 タクシーでM君自宅へ。

From_narita_to_praha018
 田園風景にほっとする。

From_narita_to_praha019
 右側通行。センターラインのないような道で猛スピードでタンクローリーなどとすれ違うのはちょっと怖かったが、無事、M君宅に到着。結構走ったが、料金は528チェココルナ。1チェココルナ = 4.89507334 円だから2585円。日本より安いのでは。


From_narita_to_praha025
 さっそくお土産をバッグから取り出した。並べると結構な量。M君の奥さん、H君が喜んでくれたのでよかった。(^_^)v
 十数時間で、チェコにいるのは、とても不思議な気持ちがする。

From_narita_to_praha026
 M君ファミリーが3万円分、チェココルナに両替してくれていた。バスのチケット(市内5日間)500チェココルナ(Kc)、カルロヴィ・ヴァリまでと、ピルゼンからプラハまでのバスチケット、プリペイド携帯なども用意してくれた。

 近くのコンビニにビールを買いに行った。

From_narita_to_praha027_2
 ビールを3種買った。

 晩御飯をご馳走になって、ビールを1杯。話をしていたら21時になった。日本時間は+7時間で28時。午前4時だ。急に睡魔に襲われ、残る2本は飲めず、ベッドへ。
 携帯電話は自動的に現地時間に変わっていて、日本時間も表示する。最近の携帯は頭がいい。時計を家に忘れてきたが、携帯で大丈夫だ。
 H君とはプリペイド携帯で連絡を取り合う。
 
 あすはカルロヴィ・ヴァリで1泊、翌日ピルゼンに行く。

|

« 成田空港~教訓・お土産はほどほどにしよう。 | Main | 石川達夫著『黄金のプラハ~幻想と現実の錬金術』(平凡社選書) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 成田~プラハ、空からのシベリアが絶景:

« 成田空港~教訓・お土産はほどほどにしよう。 | Main | 石川達夫著『黄金のプラハ~幻想と現実の錬金術』(平凡社選書) »