« こけし屋(東京・西荻窪、フランス料理、洋菓子) | Main | そば処 出羽香庵(東京・霞が関、山形そば)=2011年3月24日閉店 »

Café 1894(東京・丸の内、カフェ)

 2010年4月に開館した三菱一号館美術館に併設されたCafé 1894(東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館、03・3212・7156) に行った。

126
 丸の内パークビルディング・三菱一号館美術館・アネックスに囲まれた「一号館広場」から入ったが――。

127
 入り口は通り沿いにあった。

128
 三菱一号館美術館丸の内ブリックスクエアなどのホームページによると、丸の内最初のオフィスビル「三菱一号館」は1894年(明治27年)に完成。1968年(昭和43年)に解体された。しかし、歴史的な景観を再現しようと、創建当時と同じ約230万個の赤煉瓦を積み上げ、当時の設計図面や保管部材を使用するなどして明治・大正期の姿を忠実に復元。建物は「三菱一号館美術館」として活用することになり、2010年4月、オープンした。 
 馬場先通りと大名小路の交差点に面する1階の角部屋は、明治期には銀行営業室として使われていた空間を完全復元し、二層吹き抜けの開放的かつ歴史を感じられるカフェにした。

 美術館のオープンで、丸の内ブリックスクエアが今、最も東京で注目されるエリアの一つとなり、Café 1894は長い列ができる。現時点では、予約は受けておらず、食事をしたければ、並ぶしかない。

135
 この日は12時50分に並び始めて、15分後に席に案内された。
 店の人は「週替わりランチプレート」(冷菜・スープ・魚料理・肉料理の4品をワンプレートに贅沢に盛り合せ、さらにパンと食後のデザートが付いて1500円)を薦めるが、「マネとモダン・パリ」(会期 平成22年4月6日~7月25日) 開催に合わせた特別メニュー「スペシャル・ランチセット」(1800円)を頼んだ。ディナーコース(3500円)とメインの料理が変わらず、その割りには安いからだ。

追記)2013夏 経営が変わり、メニューも変わって、利用しやすいカフェになった。写真の料理はいまは、ない。

136
 一口オードブルとパン。

137
 クラシックなオニオンとベーコンのスープ。残念ながら、これはファミレスでも飲めるような「普通」のスープだった。

139
 鶏胸肉の蒸し煮 リンゴ風味豊かなソースカルヴァドス。これはおいしかった。

140
 デザートはレモン風味のタルト。これもおしゃれでおいしかった。

 今は話題の店で、お客が集中しているのだろう。長い時間並ぶほどの店ではないと思うが、並ばないで食べられるなら、なかなかいい店だ。

 営業時間は月~金 11:00~23:00(L.O.22:00)、土・日・祝 11:00~19:00(L.O.18:00)。 
 不定休 (丸の内ブリックスクエアに準ずる)。

|

« こけし屋(東京・西荻窪、フランス料理、洋菓子) | Main | そば処 出羽香庵(東京・霞が関、山形そば)=2011年3月24日閉店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Café 1894(東京・丸の内、カフェ):

« こけし屋(東京・西荻窪、フランス料理、洋菓子) | Main | そば処 出羽香庵(東京・霞が関、山形そば)=2011年3月24日閉店 »