« 石川達夫著『黄金のプラハ~幻想と現実の錬金術』(平凡社選書) | Main | カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)その2 飲泉を体験 »

カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)その1 まずは温泉に浸かる

 チェコに来てもまず温泉。
 プラハの西方にあるカルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)に行くことにした。 

大きな地図で見る

Karlovy_vary001
 プラハのDEJVICKA(デイヴィツカ)から10時発のバスで1時間40分でカルロヴィ・ヴァリに着く。
 140CZK(チェココルナ、以下、この表記に)。
Karlovy_vary002
 飲泉中心の温泉街。バスは女性が多いような気がした。

Karlovy_vary003
 バスターミナルからテプラー川の方に歩いていく。

Karlovy_vary004
 公共温泉施設のラーズニェⅤを右手に見て、川沿いの道を歩く。

Karlovy_vary005
 ラーズニェⅤを正面から見たところ。このときは通り過ぎたが、あとで、ここの温泉で入浴する。
 「エリザベスの温泉」と書いていた。
Karlovy_vary006
 ホテルやレストランが並ぶ通り。時おり馬車も通る。

Karlovy_vary011
 宿泊したのは『地球の歩き方』でも紹介していたホテル・コスモス(Hotel Kosmos)。一部屋一泊1716CZK。
Kosmos2_2
 (画像をクリックすると、大きな画像が見られます)

Karlovy_vary007
 部屋は2つ見て、どちらかに決めてと言われた。こちらにした。
 部屋に入るとトイレ、バスルームがあって。
Karlovy_vary008
 左に曲がると寝室。

Karlovy_vary009
 通りに面していない側の部屋にした。窓の外は緑が多く、朝は鳥のさえずりで目を覚ました。

Karlovy_vary010
 エレベーターは自分で扉を開けて乗る。シンプルな構造。

Karlovy_vary012
 必要最小限の荷物だけを持って、街の中心部へ。

Karlovy_vary014
 通りを歩いていると、左に姉妹都市を紹介する掲示板があった。

Karlovy_vary013
 草津があった。

Karlovy_vary015
 ストリートではパフォーマンス。お金を入れると――。

Karlovy_vary016
 にっこり笑って一緒に記念撮影。

Karlovy_vary017
 飲泉用の容器(160~190CZKくらいのものが大半)を売る店。取っての部分がストローの機能を果たす。

Karlovy_vary018
 ただ、飲泉はいつでも体験できるので、まずは入浴できる場所を探す。
 最初に行った中心部のラーズニェⅢは昼前なのに受け付け終了と言われ、ラーズニェⅤに向かった。
 「エリザベスの温泉」だ。
 幸い、こちらは入浴OKだった。
 住所などは以下の通り。  
 Alžbětiny Lázně, a.s
 Address:
 Smetanovy sady 1145/1
 360 01 Karlovy Vary

 Phone: +420 353 222 536
 Phone: +420 353 222 537
 Fax: +420 353 585 884

Karlovy_vary025
 日本の温泉施設とはまったく違ったイメージ。病棟のようだ。

Karlovy_vary024
 55番で入浴することになった。いろいろな温泉があるようだが「泡風呂」を選んだ。390CZK。

Karlovy_vary023
 湯舟。

Karlovy_vary019
 係の女性がお湯を入れてくれる。

Karlovy_vary020
 泡風呂。体が浮くようで気持ちがよかった。

Karlovy_vary021
 お湯はぬるく、恐らく体温くらい。15分入浴をしたら紐を引っ張って知らせる。

Karlovy_vary022
 入浴後、ベッドで5分休憩。お湯はぬるかったが体がしっかり温まっていた。

Karlovy_vary026
 外に出るとバンドや観客席の準備が進んでいた。今日は温泉開きのお祭りの日らしい。

|

« 石川達夫著『黄金のプラハ~幻想と現実の錬金術』(平凡社選書) | Main | カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)その2 飲泉を体験 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)その1 まずは温泉に浸かる:

« 石川達夫著『黄金のプラハ~幻想と現実の錬金術』(平凡社選書) | Main | カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)その2 飲泉を体験 »