« カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)その5 ホテル併設のイタリアンレストランで夕食 | Main | プルゼニュ(Plzen)その2 醸造所内レストランでビールを楽しむ »

プルゼニュ(Plzen)その1 カルロヴィ・ヴァリからプルゼニュへ

Karlovy_vary070
 カルロヴィ・ヴァリからプルゼニュへ行く直行のバスに乗った。鉄道のドルニー駅近くのバス停から出発。84CZK。

Karlovy_vary071
 10時発。意外に乗客が多かった。

 O君にチェコ語の挨拶をいくつか教わった。
 チェコの人は英語も通じることが多いが、やはりチェコ語だと喜ぶ、とO君。 
 ドブリーデン(こんにちは)。
 ジェクユー(ありがとう)。
 ナスフレダノ(さようなら)。

Plzen001
 プルゼニュまで2時間乗車。ぐっすり眠り、気づいたらプルゼニュだった。

 後で知ったが、なんとプルゼニュは群馬県高崎市と姉妹都市提携をしていた。
 高崎市のホームページによると――。
 交流のあゆみ
 1988年12月、プルゼニ市からピルスナー・ウルケル・ビール社長シェパーレック氏らが、チェコスロバキア大使館通商部とともに来高され、かねて高崎市所在のビール会社を通して話が進められていたプルゼニ市との友好交流の具体化についての話し合いが行われました。
 続いて1989年6月、プルゼニ市長より姉妹都市提携を歓迎する旨の書簡が届き、同年9月には、高崎市長、市議会議長等がプルゼニ市を訪問し、姉妹都市提携は、高崎市制90周年にあたる1990年に高崎市で行いたい旨を伝えました。
 そして、1990年8月1日、高崎市において姉妹都市提携が調印されました。日本の都市でチェコスロバキアの都市を結ぶのは高崎市が最初です。

 ぐんま観光特使の私は、知らず知らずのうちに群馬の市町と姉妹都市提携をしているチェコの二つの都市を訪れたわけだ。
 
Plzen002
 バスターミナルから東へ進み、市街地へ。 

Plzen003
 トラムの線路沿いにさらに東へ。

Plzen004_2
 共和国広場。威厳のある聖バルトロミェイ教会。

Plzen005
 さらに東に行くとラブザ川に突き当たる。川沿いにプルゼニュスキー・プラズドロイ(Plzeňský Prazdroj、ドイツ名・ピルスナー・ウルケル/Pilsner Urquell)醸造所がある。


大きな地図で見る

Plzen006
 醸造所入り口。

Plzen007
 醸造所。 

Plzen008
 ビジターホール。ガイドツアーはここで申し込む。英語のガイドツアーは12:45、14:15にスタート。
 Pilsner brewery visitors' centre
 U Prazdroje 7,
 30497 Plzeň
 Tel. (+420) 377 062888

 12:45のガイドツアーが出たばかりなので、製造所内のレストラン「ナ・スピルツェ」で昼食をとることにした。

|

« カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)その5 ホテル併設のイタリアンレストランで夕食 | Main | プルゼニュ(Plzen)その2 醸造所内レストランでビールを楽しむ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プルゼニュ(Plzen)その1 カルロヴィ・ヴァリからプルゼニュへ:

« カルロヴィ・ヴァリ(Karlovy Vary)その5 ホテル併設のイタリアンレストランで夕食 | Main | プルゼニュ(Plzen)その2 醸造所内レストランでビールを楽しむ »