« 必見!「アルフォンス・ミュシャ展」~2011年まで各地を巡回 | Main | ロシア料理 サラファン(東京・神保町) »

蕎麦 きびや(東京・三鷹、そば)

 ミュシャ展を満喫した後、三鷹でおいしいところはないかとパソコンで探したところ、吉祥寺・三鷹・武蔵境 総合TOP100 [食べログ]というウェブの記事を見つけた。8位の蕎麦 きびや(東京都三鷹市下連雀4-16-48、0422・42・3520)に行った。

156
 スーパーの丸正の近くだ。

161_2
 昼間なのでそばだけを食べようと思って入ったが、隣の人が食べているそば味噌がうまそうで、思わず、お酒と「そば焼味噌」(350円)を頼んだ。

162
 おまけに「酒肴三種盛り(土日のみ)」(700円)なんてーのがある。頼まざるを得ない。(^^♪
 左から明太子おろし、にしんの山椒煮、わさび醤油漬け。

 う~、こういうのを幸せと言うのだろうか(プラハのウ・フレクー以来の素直な気持ちだ)。

163
 もりそば(北海道 二八)新蕎麦(650円)。

 午後2時近くになってもずっと満席だった。老舗ではないが、お蕎麦に愛を持って接している、いい蕎麦屋だった。

 営業時間は平日11:00~15:30火曜、土日祝11:00~14:30、17:30~20:30

 火曜、水曜定休。

|

« 必見!「アルフォンス・ミュシャ展」~2011年まで各地を巡回 | Main | ロシア料理 サラファン(東京・神保町) »

Comments

蕎麦屋で飲むとなによりの幸せを感じるよなあ。

Posted by: さいのめ | 2010.06.01 04:15 PM

蕎麦屋は江戸時代、喫茶店みたいなものだったんでしょう。くつろぎの空間だと思う。

Posted by: フーテンの中 | 2010.06.01 06:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蕎麦 きびや(東京・三鷹、そば):

« 必見!「アルフォンス・ミュシャ展」~2011年まで各地を巡回 | Main | ロシア料理 サラファン(東京・神保町) »