« 城、宮殿、教会その2  宮殿、修道院 | Main | ヴァーツラフ・クラウス著『「環境主義」は本当に正しいか~チェコ大統領が温暖化論争に警告する』 »

城、宮殿、教会その3 シナゴーク

20100508_204
 カレル橋のひとつ北の端を渡ってユダヤ人地区へ。

20100508_205
 途中、ドヴォジャーク(ドヴォルザーク)の像があった。

20100508_217
 ピンカスシナゴーク。すでに17時10分。見学は18時までなので大急ぎで回らなければ。
 ここでマイゼルシナゴーク、スペインシナゴーク、ピンカスシナゴーク、旧ユダヤ人墓地、クラウセンシナゴーク、儀式の家の共通券(300CZK)と撮影券(40CZK)を購入した。

20100508_219
 壁の模様は実は文字。びっしり書き込まれている。

20100508_218
 ナチスに殺害されたユダヤ人およそ8万人の姓名と死亡場所、死亡年月日が書き込まれている。

20100508_220
 15世紀後半にラビ(司祭)、ピンカスにより建てられたが、その後何度も改築を行い現在の姿になった。

20100508_221
 出口を出ると旧ユダヤ人墓地があった。

20100508_222
 石板状の墓石。

20100508_223
 最も新しいものは1787年の墓で、以降は新しく埋葬された者はいない。

20100508_224
 
20100508_225
 旧ユダヤ人墓地を出たところに、儀式の家がある。

20100508_227
 1912年に建てられた。

20100508_226
 ユダヤの伝統や生活習慣が紹介されている。

20100508_228
 旧新シナゴーク。これだけ別料金(200CZK)。1270年頃に建てられたヨーロッパ最古のシナゴーク。

20100508_229
 アーチ状に延びる梁が印象的。

20100508_230
 祭壇。

20100508_231
 ダビデの星が中央に描かれたユダヤ紋章旗。

20100508_234
 スペインシナゴーク。1868年に建てなおされたもの。外観がスペインのアルハンブラ宮殿に似ているためこの呼び名が付けられたという。

20100508_232
 アラベスク文様。

20100508_233
 シナゴークごとに個性があることが分かった。
 
20100508_235
 マイゼルシナゴーク。

20100508_236
 ユダヤ民族に関するさまざまな品物が展示されている。
 見学中、電気が消えた。営業終了の合図だ。クラウセンシナゴークだけ、行きそびれた。

 プラハ観光終了。最終日も盛り上がった。
 M君ありがとう!

|

« 城、宮殿、教会その2  宮殿、修道院 | Main | ヴァーツラフ・クラウス著『「環境主義」は本当に正しいか~チェコ大統領が温暖化論争に警告する』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17295/48303275

Listed below are links to weblogs that reference 城、宮殿、教会その3 シナゴーク:

« 城、宮殿、教会その2  宮殿、修道院 | Main | ヴァーツラフ・クラウス著『「環境主義」は本当に正しいか~チェコ大統領が温暖化論争に警告する』 »