« スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その3 老舗「ウ・フレクー」の特製黒ビール | Main | スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その5 ヴィシェフラットとキュビスムの家 »

スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その4 新市街市庁舎とダンシング・ビル

20100505_166
 ウ・フレクーの開店がまだだったので、この店の東にある新市街市庁舎に行った。ルネッサンス様式の切り妻屋根が特徴の現在の姿になったのは16世紀後半。
 1419年にフス派のリーダーであるヤン・ジェリヴスキが押し入り、フス派を迫害する13人の議員を窓から放り出すなど、さまざまな歴史的事件の舞台となってきた。

20100505_167
 カレル広場。幅約50m、長さ約150mの広場。かつては牛市場として整備された場所だ。

20100505_168
 ヴルタヴァ川にかかるイラーセク橋に向かった。そのたもとにある、ダンシング・ビル(ダンスをするビル)を見るためだ。

20100505_396
 アメリカの建築家、フランク・O・ゲーリーとユーゴズラヴィアからの亡命者、ウラジミール・ミルニッチが設計。保険会社のオフィスとして建てられた。

20100505_170
 本当にダンスをしているように見える。
 この後、ウ・フレクーへ。

20100505_176
 ウ・フレクーで食事後、新市街市庁舎に行き、塔(高さ42m)に上った。50CZK。
 エレベーターはない。ここから上りなさいと矢印に促される。

20100505_177
 階段を上るのは大変だが、途中、階段を上り続ける映像を流す現代アートの展示があった。ウイットに富んでいておかしい。

20100505_178
 そのほかにも、各階に現代アートの展示があった。

20100505_179
 頂上に近づく。

20100505_180
 なんと部屋が!これも現代アートか。

20100505_182
 ここに人が住んでいるわけがない(笑)。

20100505_181
 塔の上からみたカレル広場。

20100505_402
 旧市街も良く見える。

20100505_403
 国民劇場。

20100505_183
 鐘もあった。

20100505_185
 再びヴルタヴァ川に戻る。ダンシング・ビルを背景に面白い記念撮影を撮ろうとしている女性たち。

 ヴィシェフラットに向かう。 

|

« スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その3 老舗「ウ・フレクー」の特製黒ビール | Main | スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その5 ヴィシェフラットとキュビスムの家 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17295/48290206

Listed below are links to weblogs that reference スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その4 新市街市庁舎とダンシング・ビル:

« スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その3 老舗「ウ・フレクー」の特製黒ビール | Main | スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その5 ヴィシェフラットとキュビスムの家 »