« スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その4 新市街市庁舎とダンシング・ビル | Main | 都会の生活その1 ヴァーツラフ広場 »

スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その5 ヴィシェフラットとキュビスムの家

20100505_186
 ヴルタヴァ川をさらに南下する。

20100505_187
 プラハ城の方を見る。 

20100505_188
 ヴルタヴァ川の河畔におりられるようだ。

20100505_189
 人懐っこい白鳥。

20100505_190
 鉄道専用の橋。

20100505_191
 この橋を過ぎるとヴィシェフラットだが、その前に、キュビズムの建築を見学しよう。

20100505_192
 リブシナ通りにあるベドジチ・コヴァジョヴィチ邸。ヨゼフ・ホホルが手掛けた。

20100505_193
 ヴルタヴァ河岸の3世帯住宅。ヨゼフ・ホホル作。

20100505_194
 窓枠部分にキュービズムが感じられる。

20100505_195
 この建物を過ぎると――。

20100505_196
 ヴィシェフラットの城跡も見えてくる。

20100505_197
 トンネルをくぐり、左へ。

20100505_198
 右へ行き、さらに大きく右に曲がると――。

20100505_199
 17世紀の要塞の名残、レオポルド門がある。

20100505_200
 門をくぐり――。

20100505_201
 城跡に残る最も古い建物、聖マルティン教会のロトンダがある。1100年頃に建てられた円形礼拝堂。現存する中ではプラハ最古と言われる。ロマネスク様式。

20100505_202
 聖ペテロ聖パウロ教会。

20100505_204
 となりに著名人が多数埋葬された墓地がある。

20100505_203
 スメタナの墓。

20100505_205
 墓を見守るように建つ聖ペテロ聖パウロ教会。

20100505_406
 ヴルタヴァ川の先にプラハ城も見える。

20100505_206
 教会の近くに出口。

20100505_407
 下におりる階段があった。途中の眺めも良い。

20100505_208
 トンネルのかなり手前に出てきた。

20100505_209
 地下鉄のヴィシェフラット駅に向かう途中、偶然、もうひとつのキュビスム建築を見つけた。
 ヨゼフ・ホホル作「ネクラノヴァ通りの集合住宅」だ。
 約70度で交わる角にベランダを配置してキュビスム効果を高めている。

20100505_210
 地下鉄の駅だが、意外にも、ホテル近くのかなり高い所にところに駅があった。

20100505_211
 帰りにプラハ本駅に立ち寄った。

20100505_212
 アール・ヌーヴォー様式の華麗な丸天井が有名だ。

20100505_214
 プラハは改札にだれもいない。

20100505_216
 たまに抜き打ちで、乗車券、定期券を持っているかをチェックするのみで、チケットの出し入れが不要なのが楽だ。

20100505_217
 駅に着いてもさっと出られる。


|

« スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その4 新市街市庁舎とダンシング・ビル | Main | 都会の生活その1 ヴァーツラフ広場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その5 ヴィシェフラットとキュビスムの家:

« スメタナとヴルタヴァ(モルダウ)その4 新市街市庁舎とダンシング・ビル | Main | 都会の生活その1 ヴァーツラフ広場 »