« 『ぐんまの温泉』 | Main | 境真良著『Kindleショック~インタークラウド時代の夜明け』(ソフトバンク新書) »

『ぐんまの産業観光ガイドブック』

Gunma_no_sangyokanko
 群馬県工業振興課、観光物産課は産業観光にスポットを当てたガイドブック『ぐんまの産業観光ガイドブック』を作成した。
 まず、群馬県の産業遺産として繊維、鉄道、水の各ジャンルを紹介している。
 「繊維」は旧富岡製糸場のほか、旧碓井社本社事務所、旧甘楽社小幡組倉庫、旧桐生高等染織学校本館・講堂、桐生織物会館旧館、金善ビル、旧蚕糸試験場事務棟、旧上毛モスリン事務所、桐生倶楽部会館、旧安田銀行担保倉庫、桐生市のノコギリ屋根工場を紹介。
 「鉄道」では、碓氷峠鉄道施設群碓井第三橋梁(めがね橋)、碓氷峠鉄道施設群旧丸山変電所、わたらせ渓谷鉄道・上神梅駅、神戸駅、小中川橋梁、深沢橋梁、上毛電気鉄道・大胡駅、西桐生駅、デハ101形電車、上信電鉄・下仁田駅、デキ1形電気機関車、東武鉄道・館林駅、旧草軽電鉄北軽井沢駅舎をピックアップ。「明治期後半から大正期、昭和初期にかけて、製糸、織物業が基幹産業であった群馬県では、日本の近代化を象徴するもののひとつである鉄道も、それに関連するよう整備されていった」という。
 「水」は、前橋市の旧浄水構場事務所、前橋市浄水場配水塔、桐生市元宿の元宿浄水場・水道施設、急速濾過場、旧事務所、ポンプ室、桐生市堤町の旧配水場事務所、旧水道事務所、高崎市の榛名川上流砂防堰堤、烏川上流砂防堰堤を紹介している。
 水にまつわる産業遺産はまったく知らなかった。
 続いて、工場見学ができる地場企業など(34ヵ所、33企業)を地区別に紹介、見学の事前予約の方法などを記している。
 A4変形判、29ページ、フルカラー。発行部数は1万部。
 問い合わせは工業振興課027・226・3358、観光物産課027・226・3385へ。

|

« 『ぐんまの温泉』 | Main | 境真良著『Kindleショック~インタークラウド時代の夜明け』(ソフトバンク新書) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『ぐんまの産業観光ガイドブック』:

« 『ぐんまの温泉』 | Main | 境真良著『Kindleショック~インタークラウド時代の夜明け』(ソフトバンク新書) »