« 境真良著『Kindleショック~インタークラウド時代の夜明け』(ソフトバンク新書) | Main | 国士無双 »

ファーストゴルフ打ち放題・ロブショットとフェアウエーウッドを練習

001
 66番ゲージ。

 ブログの「読者」から質問があった。「打ち放題で××カゴ打ったって書いているけど、そんなに打ってるの?」

 すみません。1カゴというのは必ずしも正しい表現ではなく、打ち放題のボール供給マシンで1回に提供されるボールの数を指しています。ボール45個。大半の人はボタンを4回くらい押してカゴをボールでいっぱいにして練習に励むのですが、メリハリがなくなるので私は、45個=1カゴとして1カゴずつクラブを替えて練習しています。

 今日はロブショットをSWで4カゴ、LWで4カゴ、フェアウエーウッドの9番を2カゴ、5番を2カゴ練習した。

 今日の「先生」はいけうち誠一著『スコアアップへの早道 寄せ&パター編』(日本文芸社)。鉄道の駅の売店で買った本だ。
 ロブショットの打ち方。通常の寄せではインパクト周辺では手はヘッドより先にあるが、ヘッドを先に出して、ヘッドをボールの下をくぐらせる。
 この本でボールの位置は「両足の中央」としていたが、左足のかかとの内側の方が素直にボールを上げられた。
 LWで腰の高さまでバックスイングし、そのままヘッドの重さでしっかり振りおろす感じで、20ヤード先に飛んで、30ヤードまで転がる、という感じだった。バンカー越えでグリーンを狙うショットなどで役に立ちそうだ。SWの場合は同じように打って、30ヤード先にボールが落ち、40ヤードまで転がる、という感じだった。
 バックスイングを肩まで上げればプラス20ヤードくらい飛ぶ。

 フェアウエーウッドは、打ち上げようと思うとライナーやゴロになる。しっかりボールを叩く感じが大切だ。
 フェアウエーウッドは距離が出るので、ついつい行き先を追って顔をすぐに上げていたのだが、打ち終わるまで、ボール(ボールのあった位置)を見るようにした。
 すると――。
 行き先を見なくてもどちらに打ったのかが、ボールの位置をしっかり見ていれば、見えるではないか。「極意」をつかんだような気がする。
 
 次のラウンドは7月10日。楽しみになってきた。

|

« 境真良著『Kindleショック~インタークラウド時代の夜明け』(ソフトバンク新書) | Main | 国士無双 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ファーストゴルフ打ち放題・ロブショットとフェアウエーウッドを練習:

« 境真良著『Kindleショック~インタークラウド時代の夜明け』(ソフトバンク新書) | Main | 国士無双 »