« 日高CC・我慢した西コース、我慢できなかった南コース | Main | 炎天下のソフトボール »

初公開、フーテンの中登場のゴルフレッスン動画

 日高CCでドライバーが乱れた。これは自分で考えても直らない。すぐに直してもらうしかないと思い、ファーストゴルフ(東京都練馬区早宮2-17-12、03・3559・3885)に行き、広瀬プロのレッスンを受けた。iPhoneを持って行き、お願いしてスイングを撮影してもらった。

 初めて見る自分のスイングの動画。打ち方よりも、太ったミニクイ体がオソロシイ。
 
 ブログは備忘録なので非公開でも構わない。しかしm公開することで、間違いがあれば指摘してもらえるなど、内容が、ある程度客観化できる(公開すると思うだけで一人よがりのことは書けない)。記念写真のように自分を見せることが狙いではないから、自分の姿はブログでは見せないつもりだったが、せっかくのレッスンを生かすために、あえて動画をアップしよう。

 あまり気持ちの良いものではないので、再生しないことをおススメする(笑)。

 初めはレッスン前のスイング。

 右足が浮くほど右にスウェイしている。下から上に打ち上げるような打ち方。

 何の取りえもない私のゴルフ。だが、うまく当たると良く飛ぶことだけは褒められる。人間、褒められるとうれしいものだ。どんどん飛ばしたくなる。
 その気持ちが素直に表れたスイングだ。力がものすごく入っている。
 遠投するときは少し後ろにそりかえるではないか。遠くに飛ばそうと思えばスウェイしたくなるのだ。
 フォロースルーも上に上げた方がボールも上に上がって行きそうに思える。
 
 正直な気持ちが表れたスイングだと思うのだが、これではボールの軌道は安定しないと指摘された。

 構えたら、腰の緊張を緩めないで、下半身を固定したままでバックスイングを始める。
 その際、ヘッドをすぐに上に上げるのではなく、ボールの後ろから水平に地を這うように動かし、バックスイングのピークの時にクラブを立て、左手を真っすぐ伸ばす。この動作で力がたまるようだ。
 「こんなに小さなバックスイングでいいんですか?」と言いながら撮ってもらったのが次の動画。
 まだフォロースルーは打ち上げ気味だが、バックスイングは決して小さくない。スイングは力が抜けてゆっくり打っているように見える。ゆっくり打てとは言われず、そのつもりもなかったが、ゆっくり打っているように見えるのには驚いた。ボールの威力は落ちなかった。

 このフォーム、まだまだだが、力が抜けている分、コントロールは良くなった。
 レッスン時はうまく打ててもすぐに忘れるので、恥を忍んでレッスン動画は載せようと思う。

|

« 日高CC・我慢した西コース、我慢できなかった南コース | Main | 炎天下のソフトボール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初公開、フーテンの中登場のゴルフレッスン動画:

« 日高CC・我慢した西コース、我慢できなかった南コース | Main | 炎天下のソフトボール »