« 孫正義vs.佐々木俊尚『決闘 ネット「光の道」革命』(文春新書) | Main | 朝のゴルフ練習~アイアンなどの飛距離が10ヤードほど落ちた? »

カーマイン・ガロ著『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』(日経BP)

The_presentation_secrets_of_steve_j
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

 カーマイン・ガロ著『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』(日経BP、2010年7月20日発行)を読んだ。
 「プレゼンテーション、メディア対応、コミュニケーションのスキルを教えるコーチであり、世界の有名ブランドを陰から支えている」カーマイン・ガロ氏が、アップルのCEO、スティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを分析し、「聴衆を魅了するテクニックの数々を初めて明らかにする」本だ。本書は「ストーリーを作る」「体験を提供する」「仕上げと練習」の3幕で構成されており、合計18のシーンで細かくジョブズのプレゼンのノウハウを伝授してくれる。

 このなかで、プレゼンの大前提となるのがシーン3「救世主的目的意識を持つ」。
 「ジョブズはコンピューターが作りたかったわけではない。人の可能性を束縛から解放するツールを作ること――それが、ジョブズの胸でもえつづける欲求である」。
 「偉大なプレゼンターは情熱的なものだが、それは自らの心に従って行動するからだ。偉大なプレゼンターにとって会話とは、その情熱を他人と分かち合う方法なのだ」。
 「コーヒー、コンピューター、iPod……なんでもいいのだ。大事なのは、世界を変えるというビジョンに突き動かされていること、『宇宙に衝撃を与える』というビジョンに突き動かされていることだ」。
 「自分のサービス、製品、会社、主義主張に対する情熱がなければ、テクニックなど何の役にもたたない。コミュニケーションの極意は、情熱を心底かたむけられるものをみつけること」。

 情熱があるからこそ、プレゼンの準備にも全力投球できる。
 シーン15「簡単そうに見せる」では練習の必要性を唱える。
 「ジョブズは自信を持って気楽にプレゼンテーションをしているように見える。少なくとも聴衆にはそう見える。その秘けつは……何時間もの練習にある。いや、正確に言おう。1日何時間もの練習を何日も何日もするからだ」。
 「ゴルファーのビジェイ・シンは、毎日何千個ものボールをたたいてトーナメントの準備をする。オリンピックの金メダリスト、マイケル・フェルプスは毎週80キロも泳いで競技に備える。そしてスティーブ・ジョブズは、何時間も何時間も集中して基調講演の練習を行う。どの分野でも、スーパースターはささいなことまで運任せにしない」。

 この二つをクリアしたうえで、テクニックが生きてくる。
 シーン2「一番大事な問いに答える」
 「聞き手は『なぜ気にかける必要があるのか』と必ず自問している。まずこの問いかけに答えてあげれば、聴衆を話に引き込むことができる」。
 ジャーゴン(業界の特殊用語)やバズワード(一見、専門用語のようにみえるが、明確な合意や定義のない用語のこと)を使わずに、大事な問いにきちんと答え、話を聞くべき理由を明確にすることが必要だという。

 シーン4とシーン8の考え方は似ている。
 シーン4は「ツイッターのようなヘッドラインを作る」。
 「1000曲をポケットに」など、簡潔で、「ユーザーの視点から書かれている」ヘッドラインだ。

 これを読んでいて、コピーライターの糸井重里氏を思い出した。
 西武百貨店が最も元気だったころの糸井氏のコピーには力があった。
 「じぶん、新発見。」
 「不思議、大好き。」
 「おいしい生活。」
 「ほしいものが、ほしいわ。」
 コピーライターブームの時代もあった。われわれは糸井氏に学べばいいのではないか。

 シーン8は「禅の心で伝える」。
 「ジョブズは製品でもスライドでも、『すっきりシンプルに』をモットーにデザインを行う」。
 「スライドをシンプルにすれば、注意は集中すべきところ、つまり、スピーカーへと集まる」。

 18のシーンを学び、すっかりプレゼンの天才に手が届く気になった。 

|

« 孫正義vs.佐々木俊尚『決闘 ネット「光の道」革命』(文春新書) | Main | 朝のゴルフ練習~アイアンなどの飛距離が10ヤードほど落ちた? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カーマイン・ガロ著『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』(日経BP):

« 孫正義vs.佐々木俊尚『決闘 ネット「光の道」革命』(文春新書) | Main | 朝のゴルフ練習~アイアンなどの飛距離が10ヤードほど落ちた? »