« 小林雅一著『神々の「Web3.0」』 (光文社ペーパーバックス) | Main | 杉山知之著『クリエイター・スピリットとは何か?』 (ちくまプリマー新書) »

これが“昔の喫茶店” 服部珈琲舎(東京・池袋、喫茶店)


 池袋で待ち合わせならば、この店。服部珈琲舎(東京都豊島区南池袋1-27-5、03・3971・2719)。
 池袋東口徒歩1分。前を通ったことがある人は多いはずだ。

Hattori_cofee001

 食べログをみると、厳しい評価。そりゃそうです。スタバとかタリーズがあたりに慣れ親しんでいる世代にとっては、ここは何?って感じだと思う。
 でも、これが、昔の典型的な喫茶店なのだ。
Hattori_cofee003m_2
(画像をクリックすると大きな画像で見られます)
 ブレンドコーヒー 630円
 アメリカンコーヒー 630円
 アイスコーヒー 630円
 コーヒーフロート 730円
 カフェオーレ 730円
 ウィンナーコーヒー 730円
 ココア 730円
 ミルク 730円
 紅茶 630円
 アイスティー 630円
 ティーフロート 730円
 オレンジジュース 730円
 トマトジュース 730円
 コーラ 630円
 メロンソーダ水 630円
 クリームソーダ 730円
 レモンスカッシュ 730円
 アイスクリーム 730円
 コーヒーゼリー 730円
 焼きプリン 730円
 ワイン(180ml) 730円
 ビール(350ml) 730円

 エスプレッソ 630円
 カプチーノ(ホット)
 シナモン 730円
 カカオ 730円
 アーモンド 730円
 カプチーノ(アイス)
 シナモン 730円
 カカオ 730円
 アーモンド730円

 メニューは懐かしいが値段の決め方はアバウトかもしれない(笑)。
 シンプルな飲み物が630円、ちょっと手が込んだ飲み物は730円だ。ここは長居する人が多いので、これが場所代なのだろう。
 食べログのコメントの批判も値段が高いと言うものが多かった。

 食べ物もある。
 ホットケーキ(プレーン)はコーヒーまたは紅茶付きで950円。食べ物とセットにすると割安感がある。これを頼んだ。
Hattori_cofee002
 スパゲッティ各種(ミートソース、タラコソース、きのこソース、カルボナーラ、ラタトゥイユ、カレーソース)は850円でコーヒーまたは紅茶付きで1050円。最低価格は高いと感じるのかもしれないがセットにすると納得価格だ。
 トースト(バター&ジャム)はコーヒーまたは紅茶がついて800円だ。全然高くない。

 この店の名物は「ライスカリー」。
 「大正弐年」に料理屋「あさのや」として創業。その当時の「大正浪漫あふれる」ライスカリーだ。
 牛肉カリー、季節の野菜カリー、どちらも1050円。コーヒーまたは紅茶付きだと1250。630円のコーヒーや紅茶が200円で飲めるわけだ。とてもお得だ。

 食べログに星二つくらいと評価して厳しいコメントをする人はもう少し、店の中身を分析して書いてあげてほしい。

 コーヒーもおいしい。

 そんなわけで、悪い店ではないので、いつも店は混んでいる。

 営業時間は9:00~23:00。月曜定休。

|

« 小林雅一著『神々の「Web3.0」』 (光文社ペーパーバックス) | Main | 杉山知之著『クリエイター・スピリットとは何か?』 (ちくまプリマー新書) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これが“昔の喫茶店” 服部珈琲舎(東京・池袋、喫茶店):

« 小林雅一著『神々の「Web3.0」』 (光文社ペーパーバックス) | Main | 杉山知之著『クリエイター・スピリットとは何か?』 (ちくまプリマー新書) »