« 哲也@東風荘)流し満貫までやられる瀕死の状態から挽回 | Main | 羽田空港国際線旅客ターミナル・EDO MARKET PLACEへ、つるとんたん羽田空港店で食事 »

楽しい上野動物園

 福岡に住んでいる妹の家族と、長男と一緒に、上野動物園(東京都台東区上野公園9-8、03・3828・5171)に行った。
 4月1日に一般公開されたジャイアントパンダのリーリーとシンシンを、姪の中学生、Mちゃんが見たいというので、行くことにした。上野動物園は本当に久しぶりで、前に行ったときにはジャイアントパンダ(たぶん、トントンとユウユウ)がいた。上野動物園にはジャイアントパンダがいるものだと思っている私だったので、わざわざ「パンダを見に上野動物園」とはまったく思っていなかった。しかし、言われてみると、確かにタイムリーではある。新顔のジャイアントパンダ2頭をぜひとも見たくなった。
096
 妹の家族を空港まで送らなければならないのでクルマで上野へ。妹の家族には先にクルマからおりてもらい、ジャイアントパンダ舎に並んでもらうことにした。
 公園下の駐車場(30分250円)にクルマを入れ、表門へ。
 入園料は一般600円。
 開園時間は、午前9時30分~午後5時(入園券の発売は午後4時まで)。
 休園日は原則毎週月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)と年末年始(12月29日~翌年1月1日)。

098
 並んでもらっていたので、数分で中にパンダ舎に入れた。大人は前から3列目。「どんどん進んでください」と警備員に言われるので、ゆっくり見ていられないが、それでもしっかり何枚か写真を撮った。

 まずはメスのシンシン。2005年7月、臥龍保護センター生まれ。体重:117.6kg(2011年3月1日時点)。
097

099

100

101
 竹を食べてご機嫌だった。

 次はオスのリーリー。.2005年8月、臥龍保護センター生まれ。体重:134.4kg(2011年3月1日時点)。
103

104
 シンシンよりくつろいで竹を食べていた。

 あわててパンダ舎から出てきて、「動画を撮っておけばよかった」と思った。

 この後は、いくつかは動画で!

 上野動物園は昔とずいぶん変わった。動物の見せ方や見せる場所が変わった。全体に動物が本来生息している場所を可能な限り再現している。やや小ぶりになったスペースもあった。

105

106

107
 スマトラトラ。狭いオリに閉じ込めるのではなく、密林の雰囲気を出している。

108
 シロテテナガザル。

111
 ニシローランドゴリラ舎は、ゴリラの周りにぐるっと見学スペースを配置、ゴリラの姿を360度、見学できる。

112
 子供は手をたたきながら歩いたり、ユーモラスな動作が目立った。

113
 ゴリラの親子?

116
 昼食は竹皮パンダ弁当(580円)。

115
 目の位置がやや見本と異なる(笑)。

114
 アジアゾウ。昔はインドゾウと言っていた気がするが、インド、ミャンマー、タイ、中国南部、マレー半島、スリランカなどに生息するのでアジアゾウと言うらしい。


 ニホンザルのサル山。上野動物園のサル山は1931年に完成した園内で最も古い施設のひとつ。つい、長く見学してしまう場所だ。
 子ザルにスポットを当てた。やんちゃで面白い。

119
 南米のアメリカバクとラマ。

 西園へ移動。

121
 暖かく、初夏のような1日だった。

122
 不忍池。


 ケープペンギン。鏡に反射した光が気になる。

126
 ベニイロフラミンゴ。しかし、子育て中の親鳥は白っぽく、今年生まれたひなは灰色っぽい色をしている。

128
 なんともいえない雰囲気のあるハシビロコウ。

 小獣館が意外に面白い。

131
 ハダカデバネズミ。寝るところ、運動するところ、食事するところ、トイレなどが分かれており、アリの巣のような地中に住んでいる。

133
 オリイオオコウモリ。さかさまにぶら下がっている。

134
 トビウサギ。カンガルーのように跳ぶ。

 カバやサイは室内にいた。


 コビトカバ。ターンが上手だ。


 カバが水に入るところ。コビトカバを見た後だと、やたら巨大に見え、小さな子供がカバの入水が怖かったのか、泣き叫んでいた(笑)。

139

140
 サイ。

141
 キリン。

 中学生の甥と姪のためと思って来た動物園だが、自分がすっかり楽しんでしまった。
 結局閉園間近までいた。

 上野動物園について。
 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、東京都恩賜上野動物園(とうきょうとおんしうえのどうぶつえん)は、東京都台東区上野公園の上野恩賜公園内にある東京都立の動物園である。通称上野動物園(うえのどうぶつえん)。指定管理者制度により財団法人東京動物園協会に管理委託している。

 開園は、1882年(明治15年)3月20日で、日本で最も古い。東京都建設局が管理していたが、2006年4月1日より指定管理者制度の導入に伴って、多摩動物公園・葛西臨海水族園・井の頭自然文化園とともに「財団法人東京動物園協会」が管理する。

 上野恩賜公園内にあり、上野駅(公園口)から徒歩5分の場所にゲートがある。敷地は西園と東園に分かれており、両園を結ぶ都営モノレール(上野懸垂線)は日本初のモノレールである。

 スマトラトラ、ニシローランドゴリラ等の希少動物をはじめ、500種あまりの動物を飼育している。この飼育動物の種類は日本で最も多い。

|

« 哲也@東風荘)流し満貫までやられる瀕死の状態から挽回 | Main | 羽田空港国際線旅客ターミナル・EDO MARKET PLACEへ、つるとんたん羽田空港店で食事 »

Comments

むかしから動物園が好きで、上野にもよくいきました。パンダが元気そうで、よかったです。

Posted by: さいのめ | 2011.04.28 12:33 AM

子ザルの動画見てくださいね。

Posted by: フーテンの中 | 2011.05.07 05:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 楽しい上野動物園:

« 哲也@東風荘)流し満貫までやられる瀕死の状態から挽回 | Main | 羽田空港国際線旅客ターミナル・EDO MARKET PLACEへ、つるとんたん羽田空港店で食事 »