« 母がトイプードルを飼う。 | Main | 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその2 葛原ヶ岡神社まで »

葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその1 東慶寺、浄智寺

 今月28日、久しぶりに山の師匠Mさんと山歩きをする。最近、長い距離を歩いていないので、鎌倉のハイキングコースで脚慣らしをすることにした。
Hiking_coursem
(クリックすると拡大画像で見られます)

 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースを歩く。JR北鎌倉駅から浄智寺を経て、葛原神社へ。そこから高徳院(大仏)を経て江ノ電長谷駅まで行くルート。標準タイムは105分。

021
 JR北鎌倉駅。新緑がきれいだ。

022
 北鎌倉駅の常設の改札口を出て左。光泉という店へ。

023
 いなりずしとのり巻き(かんぴょう、かっぱ)の盛り合わせ(650円)を買う。細長いいなりずし。食べやすいように半分にカットされている。

024
 東慶寺に立ち寄った。駆け込み寺として有名。
Tokeiji
(クリックすると拡大画像で見られます)

027
 石段を上り、山門へ。開門は午前8時半。閉門は午後5時(11月~2月午後4時)。整美料100円。

030
 鐘楼の手前には形の変わった木。

001

002
 梅の木だ。

033
 東慶寺は花の名所。紫蘭。

013
 カルミヤ。

044

036
 本堂。

007

037
 本尊の釈迦如来坐像を祀る本堂「泰平殿」。昭和10(1935)年に建立したもの。

008

009

039
 所々にある仏像には折々の花が供えられている。

040
 アヤメ。

012

041
 後醍醐天皇皇女、用堂女王の墓。

046
 浄智寺へ。鎌倉江ノ島七福神の布袋尊がいらっしゃる寺でもある。

047
 「寶所在近」の額のある総門。

Jochiji001
(クリックすると拡大画像で見られます)
Jochiji002_2
(クリックすると拡大画像で見られます)

050
 さらに石段を上っていく。鐘楼のある山門が見える。

053
 鐘楼門。ここで拝観料(大人200円)を払う。拝観時間は午前9時~午後4時半。

081
 太いビャクシンの木は市指定天然記念物。

055
 違う種類の木も途中から生えている不思議なビャクシンの太い木。 

018

054
 ここで買っておいたいなりずしを食べる。浄智寺拝観後、山道に入るので腹ごしらえ。

079
 曇華殿(どんげでん)という額の懸かった仏殿。

060
 左から阿弥陀、釈迦、弥勒の各如来。過去・現在・未来の時を代表する。15世紀半ばごろに再興された像で、鎌倉地方に多い衣の裾を台座に長く垂らした様式の典型的な作品。

016

058
 ハクウンボク。

057
 花はほとんど落ちていた。

061
 木造の観世音菩薩。大正12年の震災で破損したが昭和初期に復元。

064
 市天然記念物のコウヤマキ。

067
 この横穴は、古くは住まいとして、その後は墓所になり、やがて倉庫としても使われた。大正から昭和初期までは、薪や木炭などのしまい場所になっていた。

065

068
 布袋尊へ。

069

070

071

072

073
 布袋様!
074

078

076
 近くにいるだけで、とても元気になる!

077

082
 登山口へ。

|

« 母がトイプードルを飼う。 | Main | 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその2 葛原ヶ岡神社まで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその1 東慶寺、浄智寺:

« 母がトイプードルを飼う。 | Main | 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその2 葛原ヶ岡神社まで »