« 東京大学ジェロントロジー・コンソーシアム2009-10年度活動報告会 | Main | 銀座スケベニンゲン(東京・銀座、南イタリア家庭料理) »

新国立劇場の現代舞踊公演「DANCE to the Future 2011」

Dance_to_the_future_2011s
 新国立劇場の現代舞踊公演 「DANCE to the Future 2011」を観た。
 公演日は2011年5月28日(土)と29日(日)の2日間。
 会場は新国立劇場の中劇場。
 スタッフ: 芸術監督=デヴィッド・ビントレー
 「Almond Blossoms」 振付=キミホ・ハルバート 音楽=C.ドビュッシー バレエ・マスター=陳秀介
 「QWERTY」 原案・構成=石山雄三 音楽=熊地勇太 映像=樋口徹 バレエ・ミストレス=遠藤睦子
 「ナット・キング・コール組曲 Nat King Cole Suite」 振付=上島雪夫 音楽=ナット・キング・コール ほか バレエ・ミストレス=板橋綾子

 ダンスは、ほとんど観たことがなく、ブログに感想を書くのはあまりに怖いもの知らずだが、楽しかったので、感想を。

 観たのは2階席3列目(一番後ろ)。踊り全体がよく見えた。

 「Almond Blossoms」。以前新国立劇場で観た「白鳥の湖」で見事な黒鳥の舞いを見せてくれた酒井はなさんが出演していた。ダンサーたちがトウシューズをはいていないだけで、雰囲気はバレエ。男女のアーモンドの花の精?の楽しそうな踊りに魅了された。出会い、愛、友情、再会、別れなどの気持ちが伝わってきた。
 
 「QWERTY」。QWERTYとはパソコンなどのキーボードの配列のこと。予想通りテクノ系のダンスだった。大音響と光の中にぶちこまれる観客。近くの中年女性たちのグループは、「大丈夫だった?」「私はくらくらしたわ」などと言いながらも楽しそうだった。
 パソコンの中に住むサイバースペースの住人?たちの時にコミカル、時に激しいダンスは、脳みそに直接刺激を与えてくれた。

 「ナット・キング・コール組曲 Nat King Cole Suite」。ブロードウェイミュージカルのようなジャズダンス。けれどもバレエダンサーが踊るので、ちょっと優雅。ラスベガスのショーのような雰囲気もあり、お酒でも飲みながら観たいダンスだった。これは完全にエンターテインメントだ。

 芸術性の高い美しいダンス、ITイメージを存分に感じさせてくれるヒップホップ系ダンス、くつろいで観る娯楽としてのダンス。ダンスもいろいろあるものだと思った。こんな多彩なダンスを一度に見せてくれる企画はあまりない。

 来年はどんな「未来」を見せてくれるのか、楽しみだ。

|

« 東京大学ジェロントロジー・コンソーシアム2009-10年度活動報告会 | Main | 銀座スケベニンゲン(東京・銀座、南イタリア家庭料理) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新国立劇場の現代舞踊公演「DANCE to the Future 2011」:

« 東京大学ジェロントロジー・コンソーシアム2009-10年度活動報告会 | Main | 銀座スケベニンゲン(東京・銀座、南イタリア家庭料理) »