« 安保徹著『疲れない体をつくる免疫力』(知的生きかた文庫) | Main | 演劇『明日はあるのか?』(作/演出・渡辺熱、デッドストックユニオンプロデュース) »

強風の中、ソフトボール

 ソフトボールのチーム緒戦は父の看病などで出られなかったが、今日の(埼玉県の秋が瀬公園での)試合は私にとって緒戦となる試合だった。
 相手は宿敵、RF。かつては互角の戦いをしていたが、世代交代、新陳代謝するRFに対し、老齢化がとまらないわれわれのチームはこのところ劣勢だ。

 今日は1番キャッチャーでの出場。

 相手ピッチャーはウインドミル投法の本格派。
20110501softball

 初打席。絶好球と思ったが2球空振り。最後はミートに徹したが、センターフライ。
 二打席目。四球になるはずだったボールがバットに当たってしまい(大リーグボール1号!)、セカンドフライ。

 後になってみると、四球でもよかったのだ。
 完全試合を達成され、コールド負け。

 二試合目は気合いが入った。

 この日はレフト方面からバックホームに向けて強風が吹き荒れ、キャッチャーをしていると、何度もタイムをとって、砂ぼこりを避けなければならなかった。ライト方面の球はどんどん右に流れるので、守備も大乱れだった。

 そんななかで、初打席はレフトの頭上を越える2塁打。

 2打席目はライト前ヒット。

 結局、この日は4打数2安打だった。

 キャッチャーはあまりやったことのないポジションだが面白かった。
 1試合目はボールを受けているだけだったが、2試合目はリードをし、打者によって、さまざまなコースを投げてもらった。だいたい思い通りの方向に相手のボールが飛んだので、うまくリードすれば、結構打者は抑えられるものと感じた。

 もっとも守備の大乱れもありチームは1-13で大敗だった。

|

« 安保徹著『疲れない体をつくる免疫力』(知的生きかた文庫) | Main | 演劇『明日はあるのか?』(作/演出・渡辺熱、デッドストックユニオンプロデュース) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 強風の中、ソフトボール:

« 安保徹著『疲れない体をつくる免疫力』(知的生きかた文庫) | Main | 演劇『明日はあるのか?』(作/演出・渡辺熱、デッドストックユニオンプロデュース) »