« 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその2 葛原ヶ岡神社まで | Main | マイケル・サンデル(Michael J. Sandel)著『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学』(早川書房) »

葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその3 大仏、長谷寺へ

 13時半ごろ、葛原ヶ岡神社から高徳院(大仏)へ向かう。約65分の行程だ。

102
 途中、銭洗弁財天に行く道と分岐するので注意。

103
 山道に入る前に眺めのよいスポットがあった。

104

105

106

107
 実際は35分で着いてしまった。

109
 大仏トンネルの脇に出る。

108

110
 高徳院。山から下りてくると、急に排気ガスと人の多さに辟易するが、大仏を拝まねば。

119
 十数年ぶりの大仏。「鎌倉」観光の象徴だ。

111
 拝観券の説明によると――。
 鎌倉大佛の名で親しまれている高徳院の本尊、国宝銅造阿弥陀如来坐像は、1252(建長4)年から十年前後の歳月をかけて造立されたとみられる。制作には。僧浄光が勧進した浄財が当てられたという。鋳工として丹治久友、大野五郎右衛門の名を記す史料もあるが、原型作者も含め、創建に関わる事情の多くは謎に包まれている。尊像を収めていた仏殿は1334(建武元)年と1369(応安2)年に大風で損壊したらしい。15世紀以降、同仏殿が再建された形跡は認められない。
台座を含む総高13.4m、仏身約11.3m、重量約121
鎌倉大佛殿 高徳院

112

113

114

115
 大仏の裏手には与謝野晶子の歌碑がある。

116

118
 観月堂。ソウルの朝鮮王宮にあった建物。

 いかにも観光地と言う感じの街を少し歩いて長谷寺へ。

120
 長谷寺。

121
 松が良い形をしており、記念撮影をする人が途絶えることはなかった。

ホームページの説明。
 当山は、観音山の裾野に広がる下境内と、その中腹に切り開かれた上境内の二つに境内地が分かれており、入山口でもある下境内は、妙智池と放生池の2つの池が配され、その周囲を散策できる回遊式庭園となっております。また、その周辺にとどまらず、境内全域は四季折々の花木に彩られ、通年花の絶えることのないその様相は、「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ぶに相応しい風情を呈しております。
 上の境内には、本尊である十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂をはじめ、主要な諸堂宇が建ち並ぶほか、鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」と、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地となっております。また、眺望散策路の周辺には40種類以上約2500株のアジサイが群生しており、梅雨の季節には眺望はもとより「アジサイの径(こみち)」として散策も楽しんでいただけます。

 今回は途中で雨が降ってきたこともあり、上の境内には行かなかった。花の名所でもあり、また別の季節に訪ねようと思う。

123
 放生池の周りに群生する海宇。

124
 切り花用として栽培されることの多い花。4月上旬から6月中旬まで咲いているため、長谷寺では一番印象的な花。

126
 京鹿子 (キョウガノコ)の蕾。

127
 阿弥陀堂。

128
 観音堂。

 仏様は撮影禁止だったのでパンフレットから。
Hasedera1
(クリックすると拡大画像で見られます)

Hasedera2
(クリックすると拡大画像で見られます)

019
 葉山から三浦半島方面を展望。
 天気が悪くなってきており、直後に土砂降りになった。

 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース、なかなか良い。
 鎌倉で心身ともにリフレッシュしたい時は、山道経由で鎌倉の神社仏閣を訪ねるのがいいと思う。

|

« 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその2 葛原ヶ岡神社まで | Main | マイケル・サンデル(Michael J. Sandel)著『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学』(早川書房) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその3 大仏、長谷寺へ:

« 葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースその2 葛原ヶ岡神社まで | Main | マイケル・サンデル(Michael J. Sandel)著『これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学』(早川書房) »