« CASA MONTES(東京・銀座、ワインレストラン) | Main | 山田昌弘著『少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ』(岩波新書) »

恒例のソフトボール合宿で"ブンブン丸"の本領発揮!

 夏恒例のソフトボール合宿、今年は静岡県藤枝市で行った。
 ただ、今年は土曜日に仕事があり、日曜日の早朝に藤枝市に向かった。平和台5時40分発。JRのチケットを買っていたら結構時間がかかり、ぎりぎりになったが、なんとか予定通り7時53分発の「こだま631号名古屋行き」に乗りこむことができた。静岡で東海道本線島田行きに乗り換えた。予定より出発が5分ほど遅れ、8時23分に藤枝駅に到着した。
 仲間のNさんが迎えに来てくれて、河川敷の試合場へ。
038
 相手は、毎年、冬に対戦する、シニア軍団なのだが、いまだに全国大会に出場するような人たちの集まりなので、強い。ウインドミルから繰り出す速球にいつも押されてしまう。

 しかし、嬉しいことに今日は1番バッターでの起用。がんばらねば。

 チームの監督につけられた私のあだ名は「ブンブン丸」。とにかくブンブン振り回し、三振も多いのだが、当たれば長打になることが多いことからつけられた名前だ。

 今日もそうやすやすとは打てないと思うので、とにかく思い切り行こうと思った。

 初打席。高めの球についていけず、あえなく三振。
 二打席目。振り遅れてはいけないと早くから左足をあげてみたが、早くあげすぎ、またもやタイミングが合わず三振。

 チームの他の選手も抑えられ、5回を終わって4対0。敗色ムードが濃厚だった。


 そして6回。3打席目。ピッチャーを研究。最初にグローブに隠れたボールが見えたタイミングで左足をあげると、タイミングが合いそうだ。初球はまた空振りしたが、タイミングはあっていた。2球目か3球目を思い切り振ると打球はライナーでレフトの横を抜けるヒット。ボールは転々と外野を転がり、ランニングホームラン!先取点をあげられた。

 すると、私と相性の良いJ君が2ランホームランを放ち、1点差に。
 
 続く7回。6回裏に1点を追加され5対3となっていたが、ランナーが一人出て2死で打順が回ってきた。
 「ここでホームランが出たら同点!」という声が聞こえてきたが、そんなにうまくいくものではない。思い切って振ろうとだけ考えて、打席に立った。2ストライクと追い込まれ、「三振」も頭をよぎったが、振り切った一打はレフト線に飛んだ。大きな飛球。ファールにならなければ完全にホームランと思ったが、フェアでホームラン。同点ツーランだ。

 7回裏はかろうじて0点に抑え、同点。
 「いい仕事」ができた。

 2試合目。ピッチャーが代わったがやはり球が速い。1打席目。思い切り振った打球は残念ながらセンターフライかと思った。センターも一瞬、前進しそうなそぶりをみせたが、ボールは頭上を越えた。全力でホームまで走り、ランニングホームラン。奇跡の三打席連続ホームランだ。
 その後、J君も2ランで続き、またもやアベックホームラン。
 ただ、四打席目はさすがに力が入り、詰まったセンターフライ。ピッチャーが代わるとタイミングがまったく合わず空振りの三振(笑)。

 三振かホームランかという「ブンブン丸」の面目躍如だった。

 試合は同点の6回裏に出た若手のM君の決勝ホームランで、4対3で勝利した。

039
 試合後はバーベキューパーティーを相手チームが設定してくれた。感謝。あゆとビールがうまかった。

 とても暑かったけれど、自分らしいバッティングができ、楽しい1日合宿だった。

追記2011.8.18)チームのNさんが撮影してくれた映像をアップした。
 1試合目第一打席、空振り三振。

 がっかり。

 1試合目第四打席、ホームラン。

 帽子を落として激走。頭を水で濡らしているので髪の毛が薄く見える。(^^ゞ

 2試合目の第一打席、三打席連続のホームラン。

 相手チームが怒っている(笑)。

|

« CASA MONTES(東京・銀座、ワインレストラン) | Main | 山田昌弘著『少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ』(岩波新書) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 恒例のソフトボール合宿で"ブンブン丸"の本領発揮!:

« CASA MONTES(東京・銀座、ワインレストラン) | Main | 山田昌弘著『少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ』(岩波新書) »