« LOBOS (ロボス)銀座(東京・銀座、スペイン料理) | Main | マルトモ水産 鮮魚市場(愛媛県西条市、魚介料理・海鮮料理、居酒屋) »

CEATEC JAPAN 2011 融合の時代、独創性は機器でなく「つながり」から生まれるのか

 千葉市の幕張メッセで開催されている最先端IT・エレクトロニクス展「CEATEC JAPAN(シーテックジャパン)2011」に行った。2009年の3Dテレビ2010年のスマートフォンのような目玉の機器は見られず、タブレット端末とテレビの融合、マルチメディア放送といった機器の「連携」や、メディアの「融合」がいまやITの主役のようだった。

Img_0203
Img_0204
Img_0205
Img_0206
Img_0209

 スマートフォンがつながり、広がり、スマートライフ、スマートコミュニティが生まれるらしい。
 「ふ~ん」。

Img_0208
 「がうがう」。スマート、スマートという言葉の中で、ちょっと異色な言葉に目がとまったが――。

Img_0207
 自分のスマートフォンをキャラクターグッズ化するモバイルガジェットショップの出展だった。

Img_0211
Img_0215
Img_0212
 そんななかではソニーが3D対応のヘッドマウントディスプレイやタブレット型端末を出品。アンドロイドウォークマンなども展示していたが、時代を創っているというよりは、「アップルを追いかけている」感じがした。


 アナログテレビの停波後の跡地で展開するNTTドコモ系の「マルチメディア放送」はさすがに元気があった。
Img_0216
Img_0217
Img_0218
Img_0221
Img_0222
 マルチメディア放送(V-High)の放送局名は「NOTTV」になったという。
 「テレビではない」。訴えるべき積極的な特長がないのでこんな名前になったのではないかと疑うような名前だ。
 『ひらけ!ポンキッキ』のムックのような謎のキャラクター。プレゼンは派手だったが、多彩な映像が楽しめるYouTube、Ustream時代に、それより楽しい映像コンテンツが出てくるのかどうか。

Mmbi1m

Mmbi2m

Mmbi4m_2

Mmbi5m
(パンフレットの写真はクリックすると拡大画像になります)

 2012年4月に開局するというこのNOTTV、パンフレットを見て、魅力を感じただろうか?

 一方、同じマルチメディア放送でもV-Lowと言われるジャンルのデモンストレーションはTOKYO FMが手掛けていた。展示は素朴だし、プレゼンの映像はいただけなかったが、こちらは逆に可能性を感じた。

Vlow8m

Vlow9m

Vlow10m

Vlow11m

Vlow12m

Vlow13m

Low14m

Vlow15m
(パンフレットの写真はクリックすると拡大画像になります)

 ケータイ端末やタブレット型端末は、確かにモバイル端末の中心に位置づけられるが、デジタル時代に融合するものは、今ある端末ばかりではないだろう。V-Lowマルチメディアは携帯電話事業者がインフラを担わない分、かえって面白いものができるかもしれない。

Img_0223
 カシオのデモ端末。

Img_0224
 ダウンロードしたスーパーのチラシ。

Img_0225
 拡大して見たいところを見ることができる。

Img_0226
 詳しくイチオシ情報も。

Img_0228
 音楽や――。

Img_0229
 本のダウンロードも。放送波を使うので、人気が高く大人数がダウンロードするものが中心になると思われる。

Img_0230
 避難場所などの情報も。

 「連携」「融合」と言われるが、テレビとタブレット端末などの連携ばかりでなく、意外にチラシとデジタルフォトフレームのようなローテクの組み合わせが面白いのかもしれない。
 放送の「プッシュ型」は、操作をしなくても情報が落ちてくるので、操作が必要な「双方向」よりも、これからの高齢社会にはきっと向いている。

Vlow16m
 V-Lowは使い方のアイデアも公募している。こうした中から面白いものが生まれてくるのだと思う。

|

« LOBOS (ロボス)銀座(東京・銀座、スペイン料理) | Main | マルトモ水産 鮮魚市場(愛媛県西条市、魚介料理・海鮮料理、居酒屋) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CEATEC JAPAN 2011 融合の時代、独創性は機器でなく「つながり」から生まれるのか:

« LOBOS (ロボス)銀座(東京・銀座、スペイン料理) | Main | マルトモ水産 鮮魚市場(愛媛県西条市、魚介料理・海鮮料理、居酒屋) »