« 恒例の伊香保カントリークラブのゴルフ、大いに乱れる | Main | 教わらないでうまく打てるわけがない。 »

FUJIFILM SQUARE企画展『LISA VOGT's White Gift「北極からの贈りもの」~生命(いのち)のぬくもり~』

 11月25日から12月7日までFUJIFILM SQUARE(東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン、03・6271・3350)で開催中の企画展『LISA VOGT's White Gift「北極からの贈りもの」~生命(いのち)のぬくもり~』に行った(10:00~19:00、入場無料)。
 「リサ・ヴォートさんの知人からシロクマの写真展のオープニング・レセプションに招待されたので行ってみないか」と友人に誘われた。最近、ブログも書けないほど忙しく、そんな日常と、「シロクマ」はあまりにもミスマッチだった。どうしようかと思って、FUJIFILM SQUAREのホームページを開き、シロクマの写真を見た。
 1枚、写真を見ただけでぐっと来た。これは行かなければと思って「行く」と返事した。

 写真展の会場の写真は撮れないので、パンフレットの表紙を掲載する。
 Lisa_vogts

 このシロクマ、リサ・ヴォートさんによると1mも離れていないところにいたら、突然ハグハグを始めたそうだ。
 “Wao!Magical!”(わお!マジかよ~)
 レンズ交換の間もなく、とにかくシャッターを押したらしい。
 体長3m。白くてもクマだ。怖くはなかったのか?と聞いたら、「心が通じているから」とリサさんは言う。
 2003年から2006年にかけて4度北極へ。ご褒美だったのか、最後に「ハグハグ」の写真を撮らせてもらったようだ。
 
Shirokuma_art
 リサさんは、レセプションのあいさつ(きれいな日本語とたまに交じる英語)で、つながり、温かさ、preciousなどの言葉を強調していた。
 アメリカ人の父と日本人の母をもつリサさんは、両国の文化を背景に育ち、その後、世界の6大陸50カ国以上を旅し続け、その土地の人、色、匂いなどを独自の視点からとらえてきた。異文化コミュニケーターとして教鞭もとる。異文化は人と人の間にとどまらず、動物へと向かう。マイナス20−30度の極寒の地、北極圏。白一色の世界。言葉を発しないホッキョクグマたちだが、つながりや温かさは人間と変わらなかったという。

 シロクマの写真はデジカメで撮ったものだ。1枚1枚にメッセージが添えてある。
 ハグハグの写真には「抱擁。すきまなく抱擁。」そして「もっともっと!」

 ほかに、
 「まぶたを閉じて。感じる。心底感じる。確信する。」
 「共に夢を見る。」
 「彼方へ。」
 「光にむかって。」
 などなど。

 現代社会に溢れる情報から、リサさんはあえて距離を置く。物もあまり持たない。そんなリサさんにとって、「見ることのできる色も、聞くことのできる音も限られている」北極は、まさに自分の居場所だった。 

 企画展はこの後、北上する。12月17日から2012年1月20日までSHOZO GALLERY(栃木県那須塩原市、0287・63・9833) 、1月27日から2月26日まで裏磐梯高原ホテル裏磐梯スキー場(福島県耶麻郡北塩原村、0241・32・2177)、3月11日から3月17日までcafe mon st.lou GLLERY(宮城県仙台市、022・264・3611)で。

|

« 恒例の伊香保カントリークラブのゴルフ、大いに乱れる | Main | 教わらないでうまく打てるわけがない。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference FUJIFILM SQUARE企画展『LISA VOGT's White Gift「北極からの贈りもの」~生命(いのち)のぬくもり~』:

« 恒例の伊香保カントリークラブのゴルフ、大いに乱れる | Main | 教わらないでうまく打てるわけがない。 »