« FUJIFILM SQUARE企画展『LISA VOGT's White Gift「北極からの贈りもの」~生命(いのち)のぬくもり~』 | Main | 出た!久々の、会心のホームラン »

教わらないでうまく打てるわけがない。

 100ヤード未満の距離がうまく打てない。
 「60ヤード残すならば、150ヤード残すほうがいい」なんて本気で思ったこともある(そんなバカな(゜o゜))
 でも、考えてみたら、100ヤード未満のアプローチショットの打ち方を一度もプロに教わったことがなかった。
 ちゃんと教わってみよう。ということで、ファーストゴルフに行った。
 
Golf_approach_renshu

 広瀬プロのレッスン。
 「ふわっとボールがあがらない。打ち損ない、シャンクが多いんです」。
 「まずは打ってみて」。

 ①バックスイングが違っていた。構えて、ボールの後方(こちらからみて右に)にクラブを引き、そのままクラブを立てる。
 ところが、クラブを立てることを意識し過ぎ、手首を深く曲げ過ぎ(コックし過ぎ)、クラブがボールに当たるとき、かぶさるようになっていると指摘された。バックスイングは自然に後ろに引く。

 ②グリップが間違っていた。右手の手のひらが上を向くくらい深く握っていた。指でグリップをつかむくらいの感じでいい。これもクラブがかぶさり、上にあがらない原因。

 ③昭和の大砲打ちだった。右足に重心がかかり、上から打ちこまないので、打ち損じが多くなる。

 当初から左足に重心を置いて打つくらいでいい。そのうえでバックスイングとグリップを矯正すると、きれいにクラブがボールに当たり、ふわっとしたボールが打てるようになった。近くに打つときは、軽く後ろに引いてきちっと当てれば上にあがる。かつてないくらい気持ちのよいタッチでボールが打てた。100ヤード未満が楽しくなりそうな予感。
 ポイントは恐れずにしっかり打つこと。ボールが上にあがるので、落ちてからもピタッと止まる。


 この練習が本番でも再現できるならば、もう60ヤードは怖くない。
 のだが...。

|

« FUJIFILM SQUARE企画展『LISA VOGT's White Gift「北極からの贈りもの」~生命(いのち)のぬくもり~』 | Main | 出た!久々の、会心のホームラン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 教わらないでうまく打てるわけがない。:

« FUJIFILM SQUARE企画展『LISA VOGT's White Gift「北極からの贈りもの」~生命(いのち)のぬくもり~』 | Main | 出た!久々の、会心のホームラン »