« 2012年1月1日に思うこと。 | Main | 小四喜和! »

負けているときこそが力をつけるチャンス

Tetsuya20120105


 成績が落ちたまま、まったく浮上できず。
 勝てないときは面白いほど勝てない。
 いい手ができそうだとイーシャンテンから手が進まず、テンパった瞬間に他家があがるか、そのつぎの牌で振り込む。
 ツキのある対戦者に圧倒され、何もできないで負けることが多い。
 役満をテンパっても、絶対にあがれない。
 ヤミテンの手に振りまくる。
 3面待ちなのに間チャン待ちに負ける。

 こんなときはどうするか。
 とてもつらいけれど、そんなときこそが力をつけるチャンスかもしれない。

 たとえて言えば、大不況の時に新しいビジネスを立ち上げるようなものだ。
 好況のときは、多少プランが甘くても、ビジネスになったりするが、財布のひもが固くなった不況のときは、甘いビジネスはすぐ破綻する。

 丁寧に打とう。緻密に打とう。
 あがれなくても安上がりせず、高い手作りを心がけよう。
 
 良い手をきちっとあがるための練習を積んでおこう。

 負けるときはツキがないと、運のせいにしがちだが、実は荒い打ち方で墓穴を掘っていることが多い。
 病気のときに、規則正しい生活をするように
 負けているときは、定石に従った打ち方をしよう。

 さて、いつ、勝利の女神が大笑いしてくれるか?

追記2012.1.14)丁寧に打っていたら、上昇気流に乗ってきた。麻雀でも、ゴルフでも、仕事でも、“自然体”というか、流れに乗りながら流れを作っていくような、力を入れないで力を乗せていくような境地が大事だと思った。
Tetsuya20120114


追記2012.1.15)所持金10032圓、R1838に。やっと1万圓超に戻った。
Tetsuya20120115
Rが1850に。キャラの背景の色が黄色になった。

|

« 2012年1月1日に思うこと。 | Main | 小四喜和! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 負けているときこそが力をつけるチャンス:

« 2012年1月1日に思うこと。 | Main | 小四喜和! »