« 落合 恵子著『母に歌う子守唄~わたしの介護日誌』(朝日文庫)、『母に歌う子守唄 その後~わたしの介護日誌』(朝日文庫) | Main | 田部井淳子著『いつでも山を―田部井淳子の実践エイジング登山』(小学館) »

落合恵子著『積極的その日暮らし』(朝日新聞出版)

Sekkyokuteki_sonohigurashi

積極的その日暮らし

 
 落合恵子著『積極的その日暮らし』(朝日新聞出版、2011年5月30日発行)を読んだ。
 愛する母親を看取った後、2008年4月5日からの日誌だ。

 「社会面の下段、訃報の欄がとても身近になったのも変化のひとつだ。そんなに遠くない明日、自分の番がやってくるのだ、と考える」 「どうやら、母の介護をした頃から、わたしの『その日暮らし度』は深まったようだ」「『明日? そんなこと、知るか!』である。好むと好まざるとにかかわらず、人はみなある意味で、『その日暮らし』なのだとも思う」。
 「わたしはいま63歳。居場所の時間帯は『午後』から『夕暮れ』に変わったのだろうか」「白髪が増えることに焦りはないが、体力的に以前ほど無理がきかなくなったのは、ややさびしい。だからこそ、この時間帯を、『もっと積極的に』生きてやろうじゃないかと、誰にともなく、つぶやく夕暮れどき」。

 書かれているのは――。
 野菜室を占領する花の種子、探し物、「こころの深呼吸」、好きな曲、冒険、正月の遺言書、自分の内に起きる諸々の変化、弱者、友人、生きること、女性…などだ。

 落合恵子さん、齢は重ねても、語り口や感性は、かつてのセイ!ヤングのパーソナリティ時代と少しも変わっていないと感じる。
 

|

« 落合 恵子著『母に歌う子守唄~わたしの介護日誌』(朝日文庫)、『母に歌う子守唄 その後~わたしの介護日誌』(朝日文庫) | Main | 田部井淳子著『いつでも山を―田部井淳子の実践エイジング登山』(小学館) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 落合恵子著『積極的その日暮らし』(朝日新聞出版):

« 落合 恵子著『母に歌う子守唄~わたしの介護日誌』(朝日文庫)、『母に歌う子守唄 その後~わたしの介護日誌』(朝日文庫) | Main | 田部井淳子著『いつでも山を―田部井淳子の実践エイジング登山』(小学館) »