« 西山昭彦著『好きなことで70歳まで働こう!』(PHP文庫) | Main | 久しぶりの甘楽カントリークラブ »

赤城国際カントリークラブ

 2006年11月以来の久しぶりの赤城国際カントリークラブ
 群馬の師匠Sさん、K先輩に群馬のAさんというメンバー。
 午前7時にはゴルフ場に到着。

Img_0001
 打ちっぱなしの練習の後――。

Img_0002
 パットの練習。
 傾斜よりも芝目の強いゴルフ場ということが練習で良くわかる。

Img_0003
 アプローチ練習場もあった。

Img_0004
 遠くに見えるのが鍋割山。その方向から強い芝目となる。
 先週はパットが好調だったが、今日はパットに大苦戦だった。

 しかし、なんとか集中力で、東コースでは、途中4回連続パー。45は切れると思ったが、9番で5オーバー。
 S師匠は絶対にボギーまで。せっかくパーを重ねても一気に貯金を吐き出してしまった感じだ。

 東コースの成績は+3+2+1+0+0+0+0+1+5=+12で48。パット数は332222234。

 S師匠から貴重なアドバイスを得た。ドライバーやアイアン。捻転をし、インからアウトに(10度くらい外に)打つ感じでスイングすると、距離も出て、方向性も定まるとのアドバイス。

 おかげで、アイアン、ドライバーはまずまずの調子だった。

 うまく打てなかったのがアプローチだ。

Img_0007
 南コース。前橋方向に打つ。

Img_0008
 今日の勝負どころはここだった。4番ミドル。360ヤード。ドライバーが当たり、なんと残り50ヤード。
 バンカー越えだが、うまくいけばバーディーと思ったのがいけなかった。
 なんと、というかやはりバンカーに入れてしまい、結局4オン3パットに。

 ここで気落ちし、そのまま終わってしまった感じだ。
 
 80ヤードくらいのショットはことごとくグリーンオーバー。100ヤード未満が、やはり課題であり、難易度が高いと改めて感じた。

 西コースの成績は+1+0+1+3+4+0+3+3+3=+18で54。合計102。パット数は222322123。

 S師匠にアドバイスをもらった。

 S師匠はどんな距離でもしっかり振っていて、それで距離はピタリ。

 クラブを短く持つとともに足をそろえて構えたりして、フルショットしてもそんなに距離がでない態勢で、しっかり打つ。
 バックスイングは左手主導で、ゆっくりと。右手主導だと自由がききすぎて、スイングが安定しない。

 短い距離はSWをパットのように打てばいい。

 次回もS師匠と回る。この夏、しっかりレベルアップしたい。

 ちなみにS師匠は赤城カントリークラブは苦手とのことだがそれでも41、38で79。
 お歳は70歳なのに、ボールに勢いがある。
 先日71で回り、もう少しでエイジシュート。「来年はエイジシュートを達成できそう」と話していた。

|

« 西山昭彦著『好きなことで70歳まで働こう!』(PHP文庫) | Main | 久しぶりの甘楽カントリークラブ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤城国際カントリークラブ:

« 西山昭彦著『好きなことで70歳まで働こう!』(PHP文庫) | Main | 久しぶりの甘楽カントリークラブ »