« 御前山(ごぜんやま、東京都西多摩郡奥多摩町、檜原村の境界、標高1405m) | Main | 町亞聖著『十八歳からの十年介護』(武田ランダムハウスジャパン) »

JRで忘れ物をしたら――自分で必死に探そう!

 JRで、忘れ物をしたら――。
 情けないことだが、最近、相次いでJRで忘れ物をした。
 無事、回収できたのだが、いい勉強をしたので、その教訓を公開!

 本日。新宿から乗った中央特快高尾行きにケータイを忘れた。JRは各駅の電話番号を公開していないので、テレフォンセンター(050-2016-1601)に電話した。しかし、全国各地にいるオペレーターが対応するので、サービス水準はバラバラ。「間違いなく八王子駅にある」ことが分かってから、そう言っても、なぜか、確認できなかった。

 なぜ場所が分かったかというと、これはドコモの力。ドコモの忘れ物対応窓口(0120-524-360)に電話し、まず、不正使用されないようにケータイをロックしたが、その時に、ケータイの位置情報を調べてもらったところ、八王子駅にあるとのことだった。電車内かもしれないので、しばらく間をおいて、再度、調べてもらうと、やはり八王子駅。

 JRによると、「電話でその時、忘れ物が届いているか」という問い合わせはできても、正式な届け出は、駅でする必要があると言う。

 どうせ駅に届け出るならと、結局、八王子駅に行った。ケータイはあった。届け出をきちんとテレフォンセンターが受けて、情報を入力してくれれば、見つかっていたはずだ。テレフォンセンターは機能していない。


 恥ずかしいので、内緒にしていたが、JR山手線の網棚にショルダーバッグをおき忘れたまま、電車を
降りてしまったことがある。
 カバンを置いた車両も場所も駅の忘れ物担当に告げたのに、「混雑時だから、カバンを回収できない」と言う。
 しかたなく、乗ったと思われる電車と、その前後の電車の番号を教えてもらった。
 この番号は1周回るごとに増える。941Gならば、次は1041Gになる。これだけをわきまえて、少し、先回りして、電車を待った。
 カバンは山手線を1周回っても、網棚にあった。運が良かった。カバンは無事、手元に戻った。

 教訓:JRは、動きが悪いので、忘れ物をしたら、自分で頑張って探すしかない。

|

« 御前山(ごぜんやま、東京都西多摩郡奥多摩町、檜原村の境界、標高1405m) | Main | 町亞聖著『十八歳からの十年介護』(武田ランダムハウスジャパン) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JRで忘れ物をしたら――自分で必死に探そう!:

« 御前山(ごぜんやま、東京都西多摩郡奥多摩町、檜原村の境界、標高1405m) | Main | 町亞聖著『十八歳からの十年介護』(武田ランダムハウスジャパン) »