« 出口治明著『百年たっても後悔しない仕事のやり方』(ダイヤモンド社) | Main | 待っていたぞ、発――哲也@東風荘で国士無双 »

初体験、センター前進守備の面白さ!

 今日は、秋が瀬公園でソフトボールの試合。
 昨日の雨でグランドコンディションが悪く、中止かと思われたが、午後になって真夏のような晴天となって、試合は予定より2時間遅れの14時から、決行することになった。

20120617softball


 相手チームは若々しく、元気。対して、平均年齢がかなりあがったわがチーム。久々の試合に暑さが加わって、調子が出ないうちに2試合続けてコールドで負けてしまった。
 
 お情けで3試合目をしてもらい、勝利したが、今日は本当に打線が湿っていた。

 かく言う私も打撃成績は振るわなかった。

 1試合目、1番ライト。レフトフライ、ショートゴロ、センターフライエラー(当たりは良かったがセンターがグラブに当てた)。

 2試合目、1番センター。サードゴロエラー、レフトフライ、ライト前ヒット

 3試合目、1番センター。センターフライ、センター前ヒット、サードゴロ。

 でも、きょうは面白かった!

 全然打てなかったのに?

 2試合目のセンターの守備が楽しかった。ショートで4番のM氏。野球経験者の彼に、もっと前、前に守れと言われ、疑心暗鬼で前に守ったら、、半分内野のようで、新しい感覚の守備を体験できた。
 練習不足でライナーに追いつかず後逸したり、足もとの打球を処理できなかったりしたが、ライナーを捕れなかったもののショートバウンドで捕ったり、ゴロを慎重にではなく大胆に前進して捕る感じ。とても高揚感があった。
 考える間もない反射神経の勝負。スポーツはこれだよね!

 今度センターを守ったら、もっと大胆な守備をしてみたい。

|

« 出口治明著『百年たっても後悔しない仕事のやり方』(ダイヤモンド社) | Main | 待っていたぞ、発――哲也@東風荘で国士無双 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初体験、センター前進守備の面白さ!:

« 出口治明著『百年たっても後悔しない仕事のやり方』(ダイヤモンド社) | Main | 待っていたぞ、発――哲也@東風荘で国士無双 »