« September 2012 | Main | November 2012 »

映画『最強のふたり』

 映画『最強のふたり』。電車内で広告をみて、どんな映画だろうと思った。公式サイトにある下記のイントロダクションを要約したような広告だった。

 それは、幸福な騒ぎだった。巻き込まれた人々は、みんな元気いっぱいの笑顔と生きるエネルギーをもらった。2011年11月にフランスで公開された映画が、いきなり年間興収第1位に躍り出たのだ。しかも、『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』など、並み居るハリウッド超大作をおさえての記録だ。その勢いは止まることなく、ついには歴代記録を塗り替えるという快挙を成し遂げ、堂々第3位に輝いた。世に多種多様なエンターテイメントが溢れる今の時代に、フランスの国民3人に1人が観たという、誰もが愛さずにいられない映画、それが『最強のふたり』だ。

 実話に基づいた、首から下が麻痺した大富豪と、彼を介護するスラムの黒人青年ふたりの奇跡の友情を描いた物語に、「笑いも涙も止まらない」「予測不可能な展開に拍手喝采!」という絶賛の声が、たちまちヨーロッパ中に広がった。ドイツでは7週連続1位となり、『アメリ』を抜いて過去ドイツで公開されたフランス映画の興収No.1を獲得。オーストリアでも6週連続1位、スペインでも記録を更新した。

 介護される側とする側の話。涙なしには見られないヒューマンドラマかと思った。
 
 最近は、高齢者の介護や医療の問題にも関心を持っているのでチェックしておかなければいけないと、半ば義務感で観た。

Saikyonofutari

 冒頭の乱暴な運転のシーンから引き込まれてしまった。
 
 相手を信じていなければ、「こら、危ないだろう。おい、やめろよ」となる。
 ところが助手席の介護をされる男は、それを楽しんでいるふうである。
 いよいよ、絶体絶命という状況でも、見事、チームワークで切り抜ける。

 愛とか、言葉とか、音楽とか、涙とかではなかった。二人の信頼を表現する冒頭のシーンが圧巻だった。

 公式サイトによると、以下のようなストーリーだ。
 
 ひとりは、スラム街出身で無職の黒人青年ドリス。もうひとりは、パリの邸に住む大富豪フィリップ。何もかもが正反対のふたりが、事故で首から下が麻痺したフィリップの介護者選びの面接で出会った。他人の同情にウンザリしていたフィリップは、不採用の証明書でもらえる失業手当が目当てというフザケたドリスを採用する。その日から相入れないふたつの世界の衝突が始まった。クラシックとソウル、高級スーツとスウェット、文学的な会話と下ネタ──だが、ふたりとも偽善を憎み本音で生きる姿勢は同じだった。

 互いを受け入れ始めたふたりの毎日は、ワクワクする冒険に変わり、ユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。だが、ふたりが踏み出した新たな人生には、数々の予想もしないハプニングが待っていた──。
 人生はこんなにも予測不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも心が躍り、こんなにも笑えて、涙があふれるー。

 楽しくて愉快なシーンが続く。それでいてしっとりとさせてくれる。考えさせられる。作りは軽いが、メッセージは重い。

 われわれが社会的弱者と接する場合、言葉や表現に、ものすごく気を使う。はじめはそれが、優しさであり、当然の気遣いだったのだろう。

 ところが何事でもそうなのだが、行き過ぎる。

 腫れ物に触るような感じなってきて、社会的弱者のことを語ることさえ難しくなってくる。ちょっと表現を間違えると言葉狩りにあう。

 そのうちに、だれも社会的弱者のことを真剣に語らなくなる。美辞麗句しか話さなくなる。

 介護状態になった人。たとえばこの映画の主人公、大富豪フィリップは、自分では何もできないが、やりたいことは山ほどある。

 読書もするが、女性に対する興味だって失われていない。それなのに女性に対する接し方も、「介護」状態に入ると手段は「手紙」だけになってしまう。

 「そんなのおかしいだろう」とドリスは言う。

 笑わせながら、どんどん現代社会の馬鹿らしさ、矛盾を明らかにする。

 そして一番大切なものも。

 ドリスはフィリップに最高のプレゼントをする。

 今年みた映画ナンバーワンである。

【スタッフ】
監督 エリック・トレダノ オリビエ・ナカシュ 脚本 エリック・トレダノ オリビエ・ナカシュ

【キャスト】
フランソワ・クリュゼフィリップ
オマール・シードリス

【原題】
Intouchables

【製作年】
2011年

【製作国】
フランス

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山田ゴルフ倶楽部(千葉県山武市)で同期会コンペ

 山田ゴルフ倶楽部(千葉県山武市松尾町下大蔵790、0479・86・5551)で高校の同期会コンペがあった。
 カーナビでこのゴルフ場に向かい、もうすぐというところで、山の中のルートを案内する。結局ルート通りには行けず、広い道に戻って、看板などに従って、ようやく到着した。

 カーナビのゴルフ場所在地の情報は間違っていなかったので、謎。OBをたくさん打つ嫌な予感がした(笑)。

Img_0959
 230ヤードの練習場、パット練習場のほか、アプローチ練習場もある。

Img_0973

Img_0976

 きれいな林間コース。レギュラーティーでアウトが3174ヤード(パー543443454)、インが3172ヤード(パー543445344)。

 一緒に回ったS君はアウト5番までずっとパー。Nさんも安定感があった。
 二人は優勝争いを演じ、2位と3位(優勝者とネットは同スコアだがハンディの一番少ないT君が優勝)。仲間には恵まれたのだが、OBを3回も打つなど悪い予感は的中。スコアは102だった。でも今の実力はこのくらいのような気がする。

 アウトは+3+1+2+1+1+1+1+3+2=+15で51。パット数は212222122。
 インは0+1+3+2+4+0+1+2+2=+15で51。パット数は232132222。

Img_0975
 グローブと帽子を昼食時に乾かしてくれる。サービス満点のゴルフ場だった。

 コンペの成績は14人中9位。

 どう打てばいいか、は1年前、2年前より、分かってきたが、スコアが少しもよくならないのは、体力の衰えがあるのかもしれない。同期でもしっかり運動をしている人間が上位だった。

 急がば回れで、山歩きなどで足腰を鍛えることが先決かもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊香保カントリークラブで”ラウンドレッスン”

 恒例になったゴルフの師匠Sさんと伊香保在住のパワフルゴルファーMさんとの伊香保カントリークラブでのゴルフ。
 待ち遠しかった。

 なぜなら、師匠とのゴルフが最近の唯一のゴルフ練習だからだ。
 Sさんはアルファベットで紹介していたが名前は「芝」さんという。名前からして、ゴルフの申し子だ。
 もう70歳になったのに、悪くても80くらいで回る。

 群馬に赴任していたころからよく一緒ラウンドしていたので、私の良いところ、悪いところを全部分かっていて、的確なアドバイスをしてくれる。

 今日はラウンド前に、ドライバー、アイアンともに左に打つミスが多いことを相談した。

 「肩が左に突っ込んでいる」。
 
 肩、ヘッドを残したまま、振り切れば、ボールは左に行かない。

 その感覚はラウンドの最後のほうになって、分かってきた。
 
 いままでは、野球のバッティングをしていたのかもしれない。


 実はS師匠は、聞けばいろいろ教えてくれるが、おせっかいにここを直せ、そこを直せとは言わない。

 しかし、聞いたことに対しては、分かりやすい処方箋を出してくれる。

 アウトスタート。

Ikaho_country_club20121020_01

 今日は暑くもなく寒くもなく、風もなく、絶好のゴルフ日和だった。

 これでうまく打てれば言うことなしなのだが、今日は面白いように悪い症状ばかりが出てきた。

 アイアンは、トップしてライナー性の当たりが多く、3番ホールでは3打目、ワンぺナ後の5打目に続けて残り90ヤードでOBを打ってしまった。

 ドライバーは左とか右とかいう以前に打ち損じ、チョロが続出。
 このごろ、平日がやけに忙しく、運動不足で、運動神経も鈍っているのかもしれない。それとも老化!?

 ゴルフがうまくなる前についに老けこんでしまうのか…。

 いつもSさん、M さんとラウンドするときは、スルーで回り、終わってから近くのおいしいうどん屋で昼食をとる。
 ただ、今日は、コンペの組が入っていて、スルーができない。アウトが終わってから40分ほど時間があったので、その時間に、Sさんにおかしいところをチェックしてもらった。

 ドライバーが当たらない。アイアンがトップ。どちらもボールを見ていないことが最大の原因。情けない原因だ。
 
 でもボールが見やすい、打ち方というのはある。
 ドライバーは思い切りバックスイングしたら、振るときには、まったく力を入れない。力を入れなければ、クラブがボールの芯に当たりやすくなる。
 そして、肩が左につっこまないようにする。

 これで、ドライバーはなんとかサマになってきた。

 アイアンは上から打ちおろすことだけ考える。打った後、ターフをとるような打ち方が理想だが、その前に、上から打ちおろせるようにすることが大切だ。そして、肩が左につっこまないようにする。

Ikaho_country_club20121020_02
 インスタート。
 インスタート前のレッスンで、14番ミドルで2オンのバーディーチャンス。16番ミドルも2オンのバーディーチャンス。さらに18番ロングでは3オンのバーディーチャンス。成果はあった!

 ところが今日はパットがメロメロ。14番は3パットでボギー、16番は4パットでダブルボギー、18番は3パットでボギー。

 今日は4パットが3回。3パットが6回、4パットが3回。2パットが基準だとすると、12パットは余分に打っている。

 今日のスコアはアウトが+1+1+6+2+3+4-1+0+3=+19で55。パット数は123224122。
 インが+2+3+2+3+1+1+2+4+1=+19で55。パット数は332432433。

 パットが普通に打てれば98だった。

 最近高麗芝で2度ラウンド、ベントグリーンに戸惑い、ファーストパットでオーバーが多かった。
 パットだけは不安を残したまま終わった。

 明日は高校の同期会コンペ。パット練習はしっかりやろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バラとお茶が愉しめる旧古河庭園(東京都北区西ヶ原)

Img_0664
 洋館とバラ、そして日本庭園が美しい旧古河庭園(東京都北区西ヶ原1-27-39)を訪ねた。

Setsumei
 庭園の解説がある案内板。クリックすると大画面になるが、読みづらいので、東京都公園協会のホームページ「公園へ行こう!」の説明を引用する。

  武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。

 この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。尚、この当時の建物は現存していません。

 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、英国人ジョサイア コンドル博士(1852~1920)です。博士は当園以外にも、旧岩崎邸庭園洋館、鹿鳴館、ニコライ堂などを設計し、我が国の建築界に多大な貢献をしました。

 日本庭園の作庭者は、京都の庭師植治こと小川治兵衛(1860~1933)であり、彼は当園以外にも、山県有朋の京都別邸である無鄰菴、平安神宮神苑、円山公園、南禅寺界隈の財界人の別荘庭園などを作庭し、造園界に多大な貢献をしました。

 戦後、国へ所有権が移りましたが、地元の要望などを取り入れて、東京都が国から無償で借り受け、一般公開されました。

 数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例であり、また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない重要な事例であるとして、平成18年1月26日に文化財保護法により国の名勝指定を受けました。

Img_0680
 洋館。周辺には見たことのないバラがいっぱい。
 ほんの一部をご紹介しよう。

Leonidas
 レオニダス。フランス。花名はベルギーのチョコレート会社に由来。

Oklahoma
 オクラホマ。アメリカ。芳香あり。

French_lace
 フレンチレース。アメリカ。

Diannaprinsess_of_wales
 ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ。アメリカ。ダイアナ元英国皇太子妃に捧げられた品種。

Prinsess_of_wales
 プリンセス オブ ウェールズ。イギリス。品種名は故ダイアナ元妃の英国肺病基金の活動に対し、英国女王が名付けることを許可したもの。

Inka
 インカ。ドイツ。

Double_delight
 ダブル デライト。アメリカ。「二重の喜び」という品種名は、美しさとフルーティーな香りにちなむ。

Rio_samba
 リオ サンバ。アメリカ。開花するにつれ花色が変化する。

Pope_john_paul
 ヨハネ パウロ 2世。米国。このバラは第264世の偉業を称え、バチカン法王庁がバチカン庭園に植樹するために選ばれました。

Hakucho
 白鳥。日本。鈴木省三。

White_christmas
 ホワイト クリスマス。アメリカ。芳香あり。

Img_0693

Img_0703
 バラ園から離れると、日本庭園になり趣きががらっと変わる。

Img_0694

Img_0706

Img_0707

Img_0709

Img_0700

Img_0710

Img_0711

Img_0712

Img_0714

Img_0715
 茶室があった。

Img_0725

Img_0726

Img_0717

Img_0719

Img_0724

Img_0722

Img_0723

Img_0729
 水の音がするので近づいてみると、滝があった。

Img_0734
 味わいのある滝なのだが、どうしても写真では、その良さが伝えきれない。

Img_0728
 上のほうにいくと洋館が現れる。タイムスリップしたような感じ。

 日本人は和洋折衷が実にうまいと改めて思った。


  昭和31年4月30日開園。面積は30,780平方メートル(平成22年5月31日現在)。
 開園時間は午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)。
 年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで) は休園。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »