« 岩元ガン子「シャンソン漫談~ピアフの歌と、ピアフの時代」第2回 | Main | 「ぐんまのやぼう」 »

チェックメイトカントリークラブ(神奈川県松田町)でミニコンペ

 コンペの順位を書いた紙はなくしてしまったけれど、同じ組で回った「タイガー・ウッズ」さんがマイナスハンディなのに77で回り、優勝した。
 彼を含め、うまい人たちと1組目で回ることができ、とても勉強になった。

アウトは+4+0+0+1+3+2+2+1+2=+15で51。 パット数は322233232
インは+5+0+1+2+2+0+2+2+3=+17で53。 パット数は323312322 

今回はほかの人のスコアもアップする。
「checkmate_cc20130317.xls」をダウンロード

 場所はチェックメイトカントリークラブ(神奈川県足柄上郡松田町松田惣領3033-1、0465・82・1311)。
 山を切り拓いて作ったゴルフ場で崖越えで打つことが多かった。グリーンも難しかった。

 今日、よかったのは大きく乱れた直後にパーをとったことくらいか。

 それより、「タイガー・ウッズ」さんはじめ、トライアスロンマン、ゼネコンマンのプレーを見るのが楽しかった。

Img_1988_2
 チェックメイトカントリークラブにはクルマで行った。帰りがものすごく混んだので、やはり電車で行くのが正解なのかもしれない。

Img_1989
 富士山がきれいだった。

Img_1990
 アプローチ練習場があるのがうれしい。

Img_1991
 1番ホール。右は安全と思って打ったら、隣のホールまで打ってしまった。いきなり+4。

Img_1992
 崖越えの2番ホール。刻めば実は楽なのかもしれないが、思い切ってドライバーを打って、うまくいった。

Img_1993
 残りあとわずか。パーを取れた。「トライアスロンマン」さんが「思い切って打った方が、個性が生きる」と褒めてくれた。

Img_1995
 6番ホールも崖越え。

Img_1997
 4人の中で一番近くまで第一打を飛ばしたが、打ちにくい場所で、結局一人+2。飛ばせばいいものではないことが改めて分かった。

Img_1996
 タイガー・ウッズさん。

Img_1998
 午後回るインはこんな感じ。行ってみると結構広々としていた。

Img_1999
 この日、実は間違って、フロントティーで回っていた。実はそれがかえって難しかった。
 たとえば10番。きれいなティーショットだったが、崖を越えてしまった。がっかりして+5。


 一緒に回った3人は3者3様で勉強になったが、特に、タイガー・ウッズさんは、アイアンによるアプローチショットの切れ味がすごい。どんな時でも「フルショット」をしている。
 表現が難しいのだが、短い距離は「コンパクトにフルショット」している。だから球にスピンがきいて、いつもピン近くに落ちて、ピタッと止まる。

 この打ち方に近づけるよう、練習をしたいと思った。

|

« 岩元ガン子「シャンソン漫談~ピアフの歌と、ピアフの時代」第2回 | Main | 「ぐんまのやぼう」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference チェックメイトカントリークラブ(神奈川県松田町)でミニコンペ:

« 岩元ガン子「シャンソン漫談~ピアフの歌と、ピアフの時代」第2回 | Main | 「ぐんまのやぼう」 »