« 大学の同期とリハビリゴルフ―アジア取手カントリー倶楽部(茨城県取手市) | Main | 櫻木神社奉献祭・茶会その2 »

櫻木神社奉献祭・茶会その1

 櫻木神社(野田市桜台210、04・7121・0001)で奉献祭と茶会が催された。 Sakuragijinja001

Sakuragijinja002

Sakuragijinja003_3

Sakuragijinja004

Sakuragijinja005

Sakuragijinja006

 同神社のホームページによると、櫻木神社は、「平安朝の仁寿元年(西暦851年)に、大化の改新で活躍した大職冠藤原鎌足公五代の後胤で、冬嗣公三男の嗣良公が、この地に居を移した時、この処に桜の美しい大木があり、公がこれの木のもとに倉稲魂命を祀り、その後武甕槌命の神を祀ったのが始まりです」。    「櫻木神社の御祭神は、倉稲魂命 (うかのみたまのみこと)、武甕槌命 (たけみかづちのみこと)、 伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)、伊弉冉尊 (いざなみのみこと)」。「倉稲魂命は、豊宇気比売神(とようけひめのかみ:伊勢神宮外宮の祭神)と同神と言われている食物の神様です。人々の生命を守り育ててくれる祖神であり、食物・生活の守り神と言われています」「武甕槌命は、国護りに活躍した神として知られ、我に強さを与え給ふ神として、また強さは祈る人に与えられるものと考えられ、勝運・開運の守り神と言われています」「伊弉諾尊、伊弉冉尊は国生みの神として知られ、生命の祖神、また男女良縁の祖神であると言われています」「また、当社は桜の開花に因み開運・良運のご利益があると言われています」。

 由緒ある神社での茶会。私にとっては2度目の体験。楽しみだ。  その体験をリポートする前に、この神社の驚くべきスポットを発見した。

 トイレだ。

Sakuragijinja032

Sakuragijinja031

 トイレの名前は「KAWAYAホール」。

Sakuragijinja026

 川屋(厠)神社もある。

Sakuragijinja025m_2

 (クリックすると大きな画像で見られます)

Sakuragijinja027  

 男性用便器はモダン。

Sakuragijinja028

 中の人は「むやみ」じゃなくても覗いちゃだめだぞ(笑)

Sakuragijinja029

Sakuragijinja030_3

 可愛らしい子供用便器。

 なかなか伝統的で、ユニークな櫻木神社。そこでの「奉献祭」をその2でリポートする。

|

« 大学の同期とリハビリゴルフ―アジア取手カントリー倶楽部(茨城県取手市) | Main | 櫻木神社奉献祭・茶会その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 櫻木神社奉献祭・茶会その1:

« 大学の同期とリハビリゴルフ―アジア取手カントリー倶楽部(茨城県取手市) | Main | 櫻木神社奉献祭・茶会その2 »