« 川崎国際生田緑地ゴルフ場のコンペで優勝!(涙) | Main | 「高齢社会エキスパート」になりました。 »

母と義理の母を連れて、富士サファリパークへ

 母と義理の母を連れて、富士サファリパーク(静岡県裾野市須山字藤原 2255-27、055・998・1311)に行った。子どもが小さかった時に訪ねたことがあるが、今度は親を連れて行くことになった。愛媛県に生まれ、育った義理の母は本物の富士山を見たことがない。どこから富士山を見てもらおうか迷ったが、先日、上野動物園をとても気に入っていたので、サファリに行って富士山を見てもらうことにした。

 早朝6時に家を出たが環状八号線は3連休初日で、すでに渋滞。東名高速道路も途中まで渋滞で、4時間かかって、ようやくサファリパークに到着した。

 入園料は大人2700円だが、65歳以上はシニア割引で2000円。二人とも80歳を超えているので楽々クリア(^_^.)。

 ずっとクルマの中だったので、そのままクルマでサファリゾーンに行く気はしなかった。少し、飲食施設で休憩してから行くことにした。

 レストランは午前11時からだったので、軽食の売店で食べ物を買ってベンチで食事。

 まず、ふれあいゾーンでのんびり過ごした。

Imgp6735

 そして、いよいよ、サファリゾーンへ!

 まずはクマゾーン。日本ではクマと出くわすことは普通にあることなので、本当に出くわしたら大変だ、などと話しながらクマ見物。

Imgp6744_2

Imgp6751_3

 その後、ライオン、トラ、チーター、ゾウ、一般草食、山岳草食の順に回る。

 動物にエサをやることができるジャングルバス      やゼブラ模様のランドクルーザーの近くにいると、生き生きした動物の姿を見ることができる。

Imgp6753

Imgp6766

Imgp6786

 ゾウの親子。

Imgp6800

Imgp6813_2

Imgp6819

Imgp6823

Imgp6828

 サファリゾーンを出ると第二駐車場へ。富士のすそ野が広がる絶景スポットがある。

Imgp6836_2
 義理の母(右)は、雪のない富士山に感動。赤と黒の砂利だらけの富士山の様子を話すと、「砂利が崩れて富士山は低くならないのかね」。

 もっともなご意見(笑)。

Imgp6840

 絶好の行楽日和だった。

|

« 川崎国際生田緑地ゴルフ場のコンペで優勝!(涙) | Main | 「高齢社会エキスパート」になりました。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 母と義理の母を連れて、富士サファリパークへ:

« 川崎国際生田緑地ゴルフ場のコンペで優勝!(涙) | Main | 「高齢社会エキスパート」になりました。 »