« コンペ前の朝練習 | Main | 会社のOB/OGコンペでブービーメーカー、17番バーディーが救い »

里山次郎の農業生活<その6>枝豆の種まき、きゅうり、トマト、なすの作付地でビニール張り

Suzushiro_sakutuke20140420

 今日は枝豆の種まきと、きゅうり、トマト、ナスを植える準備でビニールを敷く作業。

Img_7934

  じゃがいもがずいぶん、育っていた。

Img_7936

 大根もキャベツも。

Img_7937

 小松菜は、先に植えた分は、来週収穫できるという。楽しみだ。

Img_7938

 講習スタート。

 きゅうり、トマト、なすの支柱を来週立てるという。3種類のひもが必要(800円で用意してくれる)。

Img_7939

 枝豆は穴に一つずつ種を入れる。水はやらない。水をやると芽が出るまでに腐ってしまうそうだ。

Img_7941

 種を置き、指で押して1cmくらいの深さに種を埋める。

 以上が、全員向けの講習。

 今日は、きゅうり、トマト、ナスの作付け場所にビニールを敷く作業をするが、土を平にならして、ビニールと土の間に隙間ができないようにしないといけない。なぜなら、ビニールを敷くのは地温を高めるのが目的だからだ。平らな畝を作る特別講習。

Img_7943

 線を引いてその外側を掘る。外側の土はビニールを埋めるのに使う。内側の土は畝を作るのに使う。ただ、せいぜい周りより5cm高いくらいでいいという。

Img_7946

 トンボを上下に動かして土をならす。

Img_7953

 トンボで上から叩いて、平らに。

Img_7956

 ビニールは、北風が吹いているので、北側から土をかける。足でビニールを踏みながら、土をかける。

Img_7957

 土をかけたら——。

Img_7958

 足でしっかり踏み固める。

Img_7959

 横も足でビニールを押さえながら、土をかける。

Img_7962

Img_7963

 ビニールを伸ばしながら、土をかける。

Img_7964

 ビニールを伸ばしながら最後の仕上げ。

Img_7967

 多少の皺は仕方がないという。

 さて、自分でやってみる。

Img_7968

 もらった種はこれが最後。

Img_7973

 穴に種を並べ——。

Img_7974

 種を押して埋める。

Img_7975

 小松菜、ほうれん草にかかっていたネットを枝豆の種をまいた上にかける。鳥に芽を食べられないようにするため。

Img_7976

 じゃがいもの横がなすの作付け場所。60cmのトンボで平らにする。鍬は幅10cmくらい。この二つをうまく使い、平らな地面を作り、ビニールを張る。

Img_7977

 完成。

Img_7979

 次はきゅうりとトマトの作付け場所。

Img_7982

 完成。

 天気に恵まれ、順調に作業が進んでいる。

|

« コンペ前の朝練習 | Main | 会社のOB/OGコンペでブービーメーカー、17番バーディーが救い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 里山次郎の農業生活<その6>枝豆の種まき、きゅうり、トマト、なすの作付地でビニール張り:

« コンペ前の朝練習 | Main | 会社のOB/OGコンペでブービーメーカー、17番バーディーが救い »