« 里山次郎の農業生活<その25>講習はなく、収穫と雑草取り | Main | 日光その2)華厳の滝と竜頭滝 »

日光その1)日光東照宮

 母二人、妻、娘と日光へ。上り坂を避けられるということで、日光二荒山神社(栃木県日光市山内2307)近くの駐車場に車をとめ、日光東照宮に向かった。

Img_0570

Img_0572

Img_0573

Img_0574

Img_0575

Imgp0365

 「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名な神厩舎、眠り猫、徳川家康の墓所などを見学した。

 神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)

 東照宮のホームページによると、「神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されている。中でも『見ざる・言わざる・聞かざる』の三猿の彫刻が有名」。

Imgp0372

Imgp0370

Img_0578

Img_0579

Img_0580

Saru_kaisetsu01m

 解説その1(クリックすると大きな画像で見られます)

Img_0581

Img_0582

Img_0583

Saru_kaisetsu02m

 解説その2(クリックすると大きな画像で見られます)

Img_0584

Img_0585_2

Saru_kaisetsu03m

 解説その3(クリックすると大きな画像で見られます)

 三神庫(さんじんこ)

東照宮のホームページによると、「上神庫・中神庫・下神庫を総称して三神庫と言い、この中には春秋渡御祭『百物揃千人武者行列』で使用される馬具や装束類が収められている。また、上神庫の屋根下には『想像の象』(狩野探幽下絵)の大きな彫刻がほどこされている」。

Imgp0369

Img_0576

Imgp0366

Imgp0382

 唐門(からもん)

ホームページによると、「全体が胡粉(ごふん)で白く塗られ、『許由と巣父(きょゆうとそうほ)』や『舜帝朝見の儀(しゅんていちょうけんのぎ)』など細かい彫刻がほどこされている」。

Imgp0387

Imgp0385

 眠り猫(ねむりねこ)

ホームページによると「左甚五郎作と伝えられている。牡丹の花に囲まれ日の光を浴び、うたたねをしているところから『日光』に因んで彫られたとも言われている。これより奥宮に通じる」。

Img_0588

Img_0589

 猫の彫刻の裏側には、竹林に遊ぶ2羽の雀の彫刻がある。

Img_0591_2

Img_0590_2

Img_0594_2

Img_0596_2

Img_0597_2

Img_0598_2

奥宮(おくみや)

拝殿・鋳抜門(いぬきもん)・御宝塔からなる御祭神の墓所。

Img_0599

Img_0603

Img_0601

Img_0600

Img_0605

Img_0604

Img_0607

Img_0606

Img_0609

Yomeimon_shurim

(クリックすると大きな画像で見られます)

 陽明門は修理で見られなかったが、見どころがいっぱいだった。

Img_0611_2

|

« 里山次郎の農業生活<その25>講習はなく、収穫と雑草取り | Main | 日光その2)華厳の滝と竜頭滝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日光その1)日光東照宮:

« 里山次郎の農業生活<その25>講習はなく、収穫と雑草取り | Main | 日光その2)華厳の滝と竜頭滝 »