« 哲也@東風荘で1年半ぶりの役満、四暗刻 | Main | 里山次郎の農業生活<その29>達人にビニールマルチの敷き方を教わる »

里山次郎の農業生活<その28>秋の作付の種をもらい、早生のキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗を植える

Img_0463

 秋の作付の種をもらう。

Img_0461

Img_0462

 キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗を植えるのが今日の作業。

Img_0464

Img_0465_2

Img_0467

 次に、根こぶ病を防ぐための薬を土に混ぜる作業。根こぶ病は、アブラナ科の野菜(カブ、キャベツ、コマツナ、ブロッコリーなど)に発生。病原菌は土中に生存し、そこに植えられた植物の根に感染して病気を起こす。感染した根は細胞が異常に増殖し、大小さまざまなこぶができるという。

Img_0468

Img_0469

 苗を植えるところにスプーンにすりきり一杯の薬を入れ――。

Img_0470

 苗を植えるところに入れて――。

Img_0472

 土と混ぜる。

Img_0474

 たっぷり水やり。

Img_0475

 早生の苗を植える。キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー。同じ科なので、同じような葉っぱ。

Img_0476

 キャベツの早生を5本植える。糸から20㎝、30cm間隔。晩生(おくて、この右側に植える)との間隔は60cmくらいあける。そうしないと土寄せができない。

Img_0477

 カリフラワーとブロッコリーも早生を植える。ピーマン、ししとうを残している場合は計9本にするということだったが、周りの人たちが10本植えており、なんとか植えられそうなので、10本にしておいた。

Img_0483

 じゃがいもの後に、小松菜、ほうれんそうの種をまく。その準備で肥料をやる。

 まずは小松菜の半分を植える予定。

Img_0484

 今日の作付作業は終了。

Img_0479

Img_0478_2

Img_0480_2

Img_0482

 今日の収穫。

|

« 哲也@東風荘で1年半ぶりの役満、四暗刻 | Main | 里山次郎の農業生活<その29>達人にビニールマルチの敷き方を教わる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17295/60235168

Listed below are links to weblogs that reference 里山次郎の農業生活<その28>秋の作付の種をもらい、早生のキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗を植える:

« 哲也@東風荘で1年半ぶりの役満、四暗刻 | Main | 里山次郎の農業生活<その29>達人にビニールマルチの敷き方を教わる »