« 里山次郎の農業生活<その29>達人にビニールマルチの敷き方を教わる | Main | 四国1週間その2〜高知の夜、「黒尊」(郷土料理、魚介料理) »

四国1週間その1〜四万十川、足摺岬、竜馬

 いま、一緒に住んでいる義理の母を連れて、愛媛県西条市の自宅に戻ることになった。1年に一度は故郷の空気を吸わせてあげないと――。9月上旬に1週間夏休みをとった。

 義理の母の自宅は、百名山の1つ、石鎚山の近くにある。まだ登ったことのない山。せっかくなので、山の師匠、Mさんを誘って、快諾してもらった。
 
 昨日、愛媛に着いたが、この1週間はあまり天気がよくない。今日は午前中雨。
 そこで、まずは、高知まで行くことにした。行きは雨の中のドライブになるが、雨がやむころには高知に着く見通しだ。

Img_0529

 目指すは四万十川。四国は初めてというMさんがぜひ、見たいと言った。

Img_0532

 四万十川にかかる岩間沈下橋に到着。
 沈下橋とは?
 四万十市のホームページの説明を読もう――。
 四万川の沈下橋とは、増水時に川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋のことです。緑の山々に青い四万十、そして沈下橋という風景は、もっとも四万十川らしい風景でしょう。河口からいちばん近い沈下橋は、佐田(今成)沈下橋で、橋を渡るときの気分はそう快です。他に、四万十市内だけでも、深木、高瀬、勝間、口屋内、岩間、長生、中半家、半家の沈下橋があり、いずれも四万十川らしい、川と人との関わりの感じられる風景が見られます。
Img_0533

 クルマが1台通るのがやっと。後で通ったが、「落ちたら一巻の終わり」。怖かった。

Img_0534

Img_0538

 次に行ったのが佐田沈下橋。

Img_0539

 人がいるとよけるのが大変。

Img_0542

Img_0544

 こちらは渡る人も多く、ほのぼのとした感じ。

 次に足摺岬に向かった。四国らしいところを駆け足で回る。

Img_0545_2

Img_0546_2

 壮大な眺め。

 灯台へ。

Img_0547_2

Img_0548_2

 地獄の穴にコインを入れたが――。

Img_0549_2

 特に音は響かず。悪徳商法?(笑)

Img_0550_3

 灯台にはすぐ着いた。

Img_0551

 亀呼馬。弘法大師がここから亀を呼び、眼下の不動岩に渡り身体安全、海上安全の祈祷をされたと言われる。

Img_0553

Img_0554

Img_0555

 これから高知市内に向かう。日が暮れないうちに着けるか。

 何とか日暮れ前に桂浜に到着したが、竜馬の像がなかなか見つからない。

 浜にはなく、高台に設置されていた。

Img_0556

Img_0557

Img_0562

Img_0558

 竜馬が見ている海は――。

Img_0563

 こちらの方向。

Img_0565

Img_0566

Img_0569

|

« 里山次郎の農業生活<その29>達人にビニールマルチの敷き方を教わる | Main | 四国1週間その2〜高知の夜、「黒尊」(郷土料理、魚介料理) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 四国1週間その1〜四万十川、足摺岬、竜馬:

« 里山次郎の農業生活<その29>達人にビニールマルチの敷き方を教わる | Main | 四国1週間その2〜高知の夜、「黒尊」(郷土料理、魚介料理) »