« 里山次郎の農業生活<その30>大根の種をまく | Main | 里山次郎の農業生活<その32>小松菜の種がない! »

里山次郎の農業生活<その31>作業がいっぱい

Img_1381_2

 今日は午前中の講習に参加。午後は外出しなければならないのでが、今日はやるべきことがいっぱいのようだ。

 なすを栽培したまま、下に春菊の種をまく。その準備を今日する。

 なすの茎や葉を取り去る時は根を残す(茎の部分をはさみで切る)。根を引っこ抜くと、春菊まで取れてしまう。

Img_1383_2

 ねぎは薬をいれてある。今日は追肥。少し離れたところに肥料をまく。

 葉が分かれているところまで土をかける。交互に土寄せしていくと、土を嫌って、ねぎの白い部分が育っていくという。

 小松菜は二度目の種まき。そうすると収穫して10月末にまた種まきができる。

 ほうれん草はまだ植えない。

 大根は三浦(おふくろ)大根の種をまく。

Img_1384_2

 白菜は根こぶの薬を、ひとつまみ入れて、種をまく。

 カブは周囲より5cm高く土を盛って、4列10cm間隔で2粒ずつ種をまく。

 キャベツなどをシンクイムシ対策で消毒。

 にんじんにはキアゲハの幼虫がついていないかチェック。幼虫がいると葉をみな食べられてしまう。

Img_1389

 まず三浦大根。思い出した。種を置いて、押すようにして埋めれば、適度な深さになる。

Img_1385_2

 なすの下に入れる春菊の元肥と石灰。

Img_1390_2

 なすの下は葉を切り取ったりして、スペースを作った。

Img_1391_2

 肥料と石灰をまく。

Img_1392_2

 土と混ぜる。

Img_1393

 ねぎはここは外に出るようにして土をかける。

Img_1394

 ねぎの追肥用肥料。

Img_1395

 肥料をまき――。

Img_1396

 土をかける。

Img_1397

 カブはなぜか種がたくさん余ってしまったので6列くらいまいてしまったのだが…。

 鳥よけ対策もしておく。

 これでタイムアップ。小松菜の種はまけなかった。消毒をして、作業終了。

 前日に女房が収穫はしているので収穫はなし。

|

« 里山次郎の農業生活<その30>大根の種をまく | Main | 里山次郎の農業生活<その32>小松菜の種がない! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 里山次郎の農業生活<その31>作業がいっぱい:

« 里山次郎の農業生活<その30>大根の種をまく | Main | 里山次郎の農業生活<その32>小松菜の種がない! »