« 恒例の伊香保カントリークラブでのラウンド | Main | 東3局。四暗刻単騎待ち。7索を切っていたら――。 »

里山次郎の農業生活<その33>春菊、ほうれん草の種をまく

Img_1436
 今日は春菊の種をまく。春菊は霜に弱いので水をまいておく(なぜ水をまくかまで聞かなかった(^_^;))。

Img_1437  

 なすは10月まで収穫できる。

 小松菜は収穫してまた種をまく。小松菜の種はまいておかないと、二度目の小松菜の成長が悪くなる。

 ほうれん草も2回にわけて種まき。

 ねぎは交互に土をかける。そうすればねぎが窒息せず、白い部分が育つ。

Img_1438

 大根は来週間引き。

 そろそろ涼しくなってきたので、今度は、太陽の光で温めるため、寒冷紗は外す。

 全体の話があり、これからの作業が見えてきた。

Img_1440

Img_1441

 春菊を筋まき。

Img_1442

 ほうれん草は一カ所に数粒ずつ種をまく「点まき」。

 6、7粒を一緒にまく。

Img_1443_2
 鳥対策をして水やり。

Img_1444

 春菊にも水やり。

Img_1445
 ねぎは左側に土をかける。

Img_1446

 今日もなすとししとうを収穫。

Img_1447_2

 雑草もしっかりとった。

|

« 恒例の伊香保カントリークラブでのラウンド | Main | 東3局。四暗刻単騎待ち。7索を切っていたら――。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 里山次郎の農業生活<その33>春菊、ほうれん草の種をまく:

« 恒例の伊香保カントリークラブでのラウンド | Main | 東3局。四暗刻単騎待ち。7索を切っていたら――。 »