« 里山次郎の農業生活<その40>台風後の作業 | Main | 北武蔵カントリークラブ(埼玉県本庄市)でラウンド、シャンクは出るが「シャンク病」は克服 »

久々の練習、スランプ脱出のヒントをつかむ!?

 久しぶりのゴルフ練習をした。ファーストゴルフの午前7時からの2時間打ち放題。

 練習は、5月28日以来だ。

Golf_renshu20141018

 シャンク病に悩まされているが、フェアウエーウッドやドライバーではシャンクはでない。
 アイアン特有の現象だ。
 だとすれば、シャンクが出やすいフォームはあるとしても、シャンクが出る理由はアイアンにあるはずだ。
 アイアンは、最近、上からカットするように打っていた。
 カットすれば、右に行きやすいのは、当たり前ではないか――。
 フェアウエーウッドのように少しターフをとるような打ち方を、5番アイアンから順に6番、7番…と試してみた。
 
 クラブとボールの間に間をあける。
 ショートアイアンになるとこの間はほんのわずかだが、ロングアイアンになればなるほど、間をあけてみた。そしてできるだけ力を入れずに軽く振る。
 うまく打てるではないか(あまりにもあっさりシャンクは解決)。
 サンドで打てば、間をあけて打っても、十分スピンはかかる。
 これまで上から切りすぎていたのが、シャンクの原因なのではないか。
 何事も間は必要だ。「間抜け」は避けたい。
 これでシャンクから脱することができるかどうかは分からないが、最近多い、ザックリやゴロはあまりなかった。
 明日、久々に会社の2年上のO先輩とラウンドする。
 ちょっと楽しみになってきた。

|

« 里山次郎の農業生活<その40>台風後の作業 | Main | 北武蔵カントリークラブ(埼玉県本庄市)でラウンド、シャンクは出るが「シャンク病」は克服 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久々の練習、スランプ脱出のヒントをつかむ!?:

« 里山次郎の農業生活<その40>台風後の作業 | Main | 北武蔵カントリークラブ(埼玉県本庄市)でラウンド、シャンクは出るが「シャンク病」は克服 »