« 里山次郎の農業生活<その46>春菊を収穫、雑草を一網打尽に! | Main | 少子高齢化問題にしっかりと向き合った好著―-広井良典著『人口減少社会という希望~コミュニティ経済の生成と地球倫理』(朝日選書) »

紅葉の伊香保カントリークラブ+伊香保露天風呂

20141109_073847

20141109_081931

20141109_082554

20141109_082851

20141109_083426

 紅葉の伊香保カントリークラブ。

20141109_090009

 たまに小雨が降る天候だったが、山はいつもより幻想的だった。

20141109_092416

20141109_103951

20141109_105448

 ゴルフの成績は、ここでベストスコア91を出したのか?と思えるほど、ヒサンだったが、ゴルフの難しさは、その日のゴルフそのものを、数字では、必ずしも表せないことだ。

 スコアはインが+2+4+1+2+3+5+4+3+2=+26で62。パット数は113232132。

 アウトが+1+2+5+6+2+6+3+3+3=+31で67。パット数は213232212。

 インは、「調子が戻りつつある」という実感だった。シャンクが出なかったからだ。ただ、まっすぐ打とうと思うあまり、距離感まで気が回らず、アプローチはことごとくオーバー(シャンクが出るときは「ざっくり」も多いのでしっかり打った)。15番の+5はグリーンの周りのバンカーでのショットで、大きめに打とうとしてクリーンに打ってしまいOBとなった。

 アウトの4番のタス6は二つのOB。ティーショット左にひっかけるような打ち方で、まずOB。そしてグリーンに向け打ったボールがオーバーしてOB。

 シャンクが出たのは6番。8番アイアンでのティーショットだ。最初にOBが出た時に「前進4打」も選べたが、打ち直し、OB。さらに、打ち直して、普通に打てた。通常のショットはやり直しができないが、考えてみれば、OBは打ち直せる。つまり、練習ができるのだ。スコアや進行を気にしなければ、打ち直すべきだ。

 7番ミドルは330ヤードだが、ティーショットで300ヤード(最後下りだったこともあり)。ドライバーにフックをかけ思い切り振り抜いた会心の一打だった。8番も同じようなドライバーが打てた。ドライバーは若干右足を後ろに引き、狙いは変えず、打ったところ、気持ちよく振れたので、この打ち方は次回、また、試みてみたい。

 9番の残り60ヤードくらいのアプローチショットはきちんとグリーンに乗った。S師匠に、「シャンクを防ぐ最後の手段は歩幅を思いきり広げ、下半身が動きようのない姿勢で打つこと」とアドバイスされ、トライした。シャンクの時は、右足や頭のことばかりに気が行ってしまい、距離感が疎かになる。このフォームで距離感だけを考え、きちっと打てた。

 こんな感じで、得るものは多かったのだが、数字だけを見れば「不真面目」に映る。

 ゴルフはスコアを気にするからこそ、「ここで、絶対にダボにしない」「このパットは必ず入れる」と思うからこそ、いいプレーができる。やる気を失っていい加減に打てばスコアはいくらでも乱れる。

 ゴルフの上級者たちはそれを知っているから、過去90台で回ったことのあるような人間が+6とかを打つと「相当パニックになっている」か「投げやりになっている」と思うものだ。

 前回、コンペの時に、最後の2ホールで+5、+5と乱れ、それが原因でブービーメーカーとなり、ブービーを逃れる(ブービーが次回幹事)結果になった時も、「最後、投げやりになった」「ブービーを逃れた」と思った人もいたようだ。

 しかし、それは違う。今日、一緒に回ったS師匠、Mさんは、一打一打、必死で打っていたことを知っている。

 コンペに出て、「投げやりなやつ」と不本意な人物評価をされるくらいなら、出ないほうがいいかもしれない。うん、当面、コンペに出るのはやめよう。

 来年のゴルフは、S師匠、Mさんと回る伊香保ゴルフ、K先輩やD社とのゴルフと、親しい人たちとのプライベートなラウンドに限定しようと思う(ゴルフ自体はどんなに乱れても好きなのだ!)。

 伊香保カントリークラブでのゴルフは、ハンディキャップ3のS師匠の「顔」で、いつも一番スタートで、スルーで回らしてもらい、昼食は近くの山香うどんで食べる。今日もひどいスコアはうどんで癒した。

20141109_125829

20141109_130234

 そして、究極の癒しは温泉。

 紅葉の美しい伊香保温泉露天風呂へ。

20141109_135656

 駐車場から露天風呂に行く途中の河鹿橋(かじかばし)は紅葉の名所だ。

20141109_135806

20141109_140027

 お、ポーズを決めている(笑)。

20141109_140242

 ゴルフのつながりがなければ、群馬に来ることも少なくなってしまう。

 スコアが乱れようが、伊香保親睦ゴルフはやめられない。

|

« 里山次郎の農業生活<その46>春菊を収穫、雑草を一網打尽に! | Main | 少子高齢化問題にしっかりと向き合った好著―-広井良典著『人口減少社会という希望~コミュニティ経済の生成と地球倫理』(朝日選書) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 紅葉の伊香保カントリークラブ+伊香保露天風呂:

« 里山次郎の農業生活<その46>春菊を収穫、雑草を一網打尽に! | Main | 少子高齢化問題にしっかりと向き合った好著―-広井良典著『人口減少社会という希望~コミュニティ経済の生成と地球倫理』(朝日選書) »