« 里山次郎の農業生活<その62>農作業新年度に、じゃがいもを植える | Main | 里山次郎の農業生活<その64>大根、とうもろこし、枝豆の準備 »

里山次郎の農業生活<その63>キャベツの苗を植え、ほうれん草、小松菜の種をまく

Cimg1232

Cimg1233

 今年度2回目の講習で、まず各種野菜の種を配布。
 今日はこのうち、ほうれん草、小松菜の種をまく。
 また、晩生、早生のキャベツの苗を植える。
 解説を動画で撮ったが、カメラを縦に構えたため、映像は横になってしまった。
(^-^;
 

Cimg1238

 小松菜の種とほうれん草の種。

Cimg1237

 石灰をまき、土と混ぜる。塾長から説明はなかったが、土壌を酸性からアルカリ性に変えるためか。

Cimg1240

 手前がほうれん草、奥(北側が)小松菜。ほうれん草は1箇所に数粒種をまく「点まき」、小松菜は直線上に一定間隔で種をまく「すじまき」で。

Cimg1241

 こちらではキャベツの苗を植える準備。早生と晩生の植える位置については、塾長は「どちらでもいい」と言っていたが、ベテランの方は「東にまいたほうが、早く育つ」と話していた。早生を東に植えた。

Cimg1242

 弱々しく、頼りない感じだが、きっと立派なキャベツに育ってくれるだろう。

Cimg1243

 「点まき」が塾長の推薦する方式だが、「すじまき」でもいいという解説書もあるので、余った種をすじまきにしてみた。

Cimg1244

 小松菜の種は、半分を北半分にすじまきでまいた。種をまく時期をずらし、収穫時期に幅を持たせる。

Cimg1245

 土を薄っすらとかける。昨年はたくさんかけすぎた。

Cimg1246

 鳥よけのネットをはって、今日の作業終了。

|

« 里山次郎の農業生活<その62>農作業新年度に、じゃがいもを植える | Main | 里山次郎の農業生活<その64>大根、とうもろこし、枝豆の準備 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 里山次郎の農業生活<その63>キャベツの苗を植え、ほうれん草、小松菜の種をまく:

« 里山次郎の農業生活<その62>農作業新年度に、じゃがいもを植える | Main | 里山次郎の農業生活<その64>大根、とうもろこし、枝豆の準備 »