« 里山次郎の農業生活<その66>午前の講習は雨で中止だったが、とうもろこしの種をまく | Main | 里山次郎の農業生活<その67>キュウリ、トマトの元肥など »

大ファウルで気分一新、ヒットが出始める

Img_0992

 秋が瀬公園(S6)での今季2試合目。午前中、用事があり、午後の試合は試合開始ぎりぎりの参加になり、今回もDHだったが、昔の打撃の感じが戻ってきたのが大きな収穫だった。

 きっかけは1試合目の第3打席。レフト線2塁打、レフトフライエラーの後の打席だったが、思い切り体重を乗せて打った打球はフェンスの上の木の上を越えていく大ファウル。「まだまだ当たれば飛ぶのだ」ということがわかり気分はスッキリ。結局三振だったが、この1打に、みんなが驚いた。第4打席はピッチャーゴロ。

 結果につながったのが2試合目。ライトの守備にも入って、リズムも良くなり、三遊間ヒット、レフト前ヒット、左中間2塁打。

 ソフトボールが楽しみになった。

 

 

|

« 里山次郎の農業生活<その66>午前の講習は雨で中止だったが、とうもろこしの種をまく | Main | 里山次郎の農業生活<その67>キュウリ、トマトの元肥など »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大ファウルで気分一新、ヒットが出始める:

« 里山次郎の農業生活<その66>午前の講習は雨で中止だったが、とうもろこしの種をまく | Main | 里山次郎の農業生活<その67>キュウリ、トマトの元肥など »