« 里山次郎の農業生活<その75>にんじんの元肥 | Main | 里山次郎の農業生活<その77>ねぎの植え方の講習を受ける »

里山次郎の農業生活<その76>トマト、ミニトマトの脇芽取りの個人指導

Cimg2421

 今日の講習はなすときゅうりの追肥。カップ1杯の肥料をなすときゅうりに。

Cimg2426

Cimg2427

 もちろん、この後、土をかけて混ぜる。(^_^;)

 大根、キャベツは、後にネギを植えるので早めに収穫するようにと言われた。

Cimg2429

Cimg2430_2

 しかし、今日のメーンイベントは塾長の“個人指導”(英語で言うと、イエローカード)。
 トマト、ミニトマトがうっそうとしているのだが、実があまり育っていないと相談したら、塾長が来てくれた。

 「だめだよ~、脇芽ばかりだよ~」

Cimg2424

 「え。実も花も付いているのに切っちゃうんですか!!」

Cimg2428

 こんなに切り落として――。

Cimg2434

 かなりすっきり。

 「脇芽を取る」ということが、ようやくわかった。
 枝葉末節な「脇芽取り」ばかりを考えていたので、こんなに脇芽が大きくなり、本幹と変わらなくなってしまった。それで、栄養が実に回らない。

 Y字の間にはえてくるのが脇芽なので、それを取る、という言いつけは守っていたつもりなのだが、これが枝葉末節。

 要するに、トマトは本幹1本、ミニトマトは本幹1本と脇芽1本――を育て、後は切ってしまえばいいのだ。どの幹を育てるかを見極めて、後は切る。

 運転免許の講習で、クラッチを踏んで、ギアを切り替えて――みたいな操作の話だけを聞いていたら、なかなか運転が覚えられなかったが、動力の仕組みが分かると、しっかり操作できるようになった。農業もそういうところがある。

 初めは見よう見まねだったが、2年目はもう少し考えて栽培すると、うまくいくのだろう。

 後は収穫。

Cimg2405
きゅうりは水曜日にとりにに来たので、ばかでかいものはすくなかった。

Cimg2402

 なすはまだぽつりぽつりとしかできない。

Cimg2399

Cimg2400

 ピーマン、ししとうはこれからどんどん収穫できそう。

Cimg2401

 トマトはこのくらいの大きさの実がもう少し増えてほしい。

 きゅうりは順調に成長し、支柱の上のほうまで伸びてきているので、ひもを横に渡して、“道”を作った。

Cimg2435

|

« 里山次郎の農業生活<その75>にんじんの元肥 | Main | 里山次郎の農業生活<その77>ねぎの植え方の講習を受ける »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 里山次郎の農業生活<その76>トマト、ミニトマトの脇芽取りの個人指導:

« 里山次郎の農業生活<その75>にんじんの元肥 | Main | 里山次郎の農業生活<その77>ねぎの植え方の講習を受ける »