« 里山次郎の農業生活<その79>にんじんの種まき | Main | 里山次郎の農業生活<その80>夏野菜、収穫 »

(相変わらずシャンクに苦しむが、またまた)伊香保カントリークラブ

 恒例の伊香保カントリークラブのゴルフ。

 予報は雨。早朝、東京の自宅を出るときは大雨だった。
 けれど、S師匠が、「大丈夫です」と太鼓判を押すので、行ってみると、なんと、雨がすっかり上がり、日差しも。すごい。ヽ(´▽`)/

20150705_072609

 1番スタート。

20150705_072138

 持っていったゴルフシューズ、縫い目がほどけて、外から雨水が入りそうな状態だったので、新しいシューズをゴルフ場で買った。

 ボタンひとつで紐を固く締めたり緩めたりできるスグレモノ。

 足をしっかり踏みしめ、下半身を安定させることが、最近悩みのシャンク防止には有効なので、新しい靴でしっかり地面を踏みしめたい。

20150705_072953

 インスタート。

 スコアは+1+4+1+3+2+2+2+6+7=+28で64。パット数は221222222。

 またまた、後半にシャンクが出始め、こんなスコアに。

 S師匠に、体が早く開くことと、アイアンショットのときの重心が右足になっていることを指摘された。ドライバーはどちらかというと右足重心だが、アイアンは左足重心でしっかり上から打ち込まないと、ゴロになったりシャンクが出たりする。

 アウトの6番ショート、谷越えのホールでものすごいことになってしまった。

 8番アイアンのティーショットでOB5つ。ゴロか右に行くかで、ボールがまっすぐ上に上がらない。

 ティーを使うため、ボールを下からすくい上げるような打ち方になっていたのが原因のようだ。

 そのあと、8番アイアンをティーショットでも使ってみたが、左足重心でしっかり打ち込めば、ボールはまっすぐ上がる。

 アウトのスコアは+3+1+2+2+1+11+3+2+3=+28で64。パット数は313213322。

 スコアは相変わらず悪いが、シャンク防止法はかなりつかんだ。

 技術の未熟さもさることながら、「失敗するのでは」と考えてしまうと、面白いほどミスをする。足を踏みしめ、下半身を固定。ボールを打ち終わったあとも、伸び上がったり、頭を上げたりしない。グリップは右手の甲が上にくるくらいの位置。

 そして、「シャンクするんじゃないかな」などと思わず、ナイスショットのイメージを描きながら、頭を空っぽにして無心で思い切りクラブを振る。一打一打に自信を持つことがシャンク脱出の最後の課題かもしれない。

 今日の「成果」を試すため、19日も伊香保でゴルフをすることになった。

|

« 里山次郎の農業生活<その79>にんじんの種まき | Main | 里山次郎の農業生活<その80>夏野菜、収穫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference (相変わらずシャンクに苦しむが、またまた)伊香保カントリークラブ:

« 里山次郎の農業生活<その79>にんじんの種まき | Main | 里山次郎の農業生活<その80>夏野菜、収穫 »