« 里山次郎の農業生活<その106>大根とラディッシュの種まき | Main | 東武動物公園、花見どころではない面白さ(゚▽゚* »

ソフトボール初戦、わずか1安打

20160327_132059

 先週のソフトボール緒戦は出場できなかったが、秋ヶ瀬公園で行われた2戦目に出場した。

 1試合目も2試合目も、打順2番、守備はライト。

 バットを振っていなかったのに、比較的インパクトはいい感じ。行った!と思ったレフトフライはあまり伸びす、あっさりグラブに。その後もレフトフライ。

 3打席目に三遊間の初ヒットが出たが、その後2本はセンターフライ。

 2試合目。ここで考えすぎた。せっかくいい感触で打てていたのに結果が出ないので、あれこれ考えていたらフォームを崩し、キャッチャーフライ2つにサードゴロエラー、サードゴロ。外野にいい当たりがいかなくなってしまった。

 結局9打数1安打。

 今日の打席、人生の参考になるかもしれない。前向きに努力しても結果が出ないと、違う方向にエネルギーを使ってしまって、どんどん悪い方向に。「いいフォームでしっかり振る」。結果はついてくるもの。

 そう信じて次回の試合に臨みたい。

 たかがソフトボール、されどソフトボール。

|

« 里山次郎の農業生活<その106>大根とラディッシュの種まき | Main | 東武動物公園、花見どころではない面白さ(゚▽゚* »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ソフトボール初戦、わずか1安打:

« 里山次郎の農業生活<その106>大根とラディッシュの種まき | Main | 東武動物公園、花見どころではない面白さ(゚▽゚* »