« 里山次郎の農業生活<その108>キュウリ、トマト、ナスの元肥 | Main | 里山次郎の農業生活<その109>きゅうり、トマト、ナスの支柱たての講習、作業はビニールマルチ敷き »

ソフトボール2戦目、緩いボールにタイミング合わず――。

20160410_softball

 秋ヶ瀬公園S6ソフトボール場での2戦目。

 緩い球のピッチャー。初打席。簡単に打てそうなのだがタイミングが合わず、空振り二つで追い込まれ、かろうじてチップで三振を逃れる苦しい打席だったが、高めのボール球を振り抜くと、もう少しでホームランというあたりの2塁打。

 続く打席も三遊間ヒットで、「これで、貧打から脱出か」と思ったのだが――。

 サードゴロエラー、センターフライとヒットが続かず。

 次に出たピッチャーはさらに球が遅い。それなのに、なんと三振、サードフライ、ショートフライ。

 一打席目のボール球を打ってのホームラン性の当たりに、すっかり調子に乗ってしまい、力が入り、悪球打ちも目立ち――。

 ソフトボールは難しい。

 ライトの守備は前回からソツなくこなしている。

|

« 里山次郎の農業生活<その108>キュウリ、トマト、ナスの元肥 | Main | 里山次郎の農業生活<その109>きゅうり、トマト、ナスの支柱たての講習、作業はビニールマルチ敷き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ソフトボール2戦目、緩いボールにタイミング合わず――。:

« 里山次郎の農業生活<その108>キュウリ、トマト、ナスの元肥 | Main | 里山次郎の農業生活<その109>きゅうり、トマト、ナスの支柱たての講習、作業はビニールマルチ敷き »